本文へジャンプ
 
 
 2011年
 2010年
 2009年
 2008年
 2007年
 2006年
 2005年
  有田&佐世保 
  忘年会 
  トゥインキーが遊びに来た 
  ペコりんが遊びに来た 
  度重なるお留守番 
  倉庫の片づけ 
  満開のコスモス 
  WANWAN BBQ大会 
  朝カフェ 
  けりんパパの闘病記 
  ママの実家湯布院へ 
  民宿モダン 
  ママが倒れた!? 
  わんちゃん食事会 
  初!九州脱出・本州上陸 
  今日も抵抗 
  更なるささやかな抵抗 
  ささやかな抵抗 
  階段落下 
  トリミング(?) 
  またパパとお留守番 
  パパとお留守番 
  ゴキブリ 
  モダンちゃんち発見♪ 
  憩いの場が! 
  チャーリーを預かった 
  おNEWのママチャリ 
  バーベキュー 
  お留守番 
  akioくんとランチ 
  西部運動公園ドッグラン
  シロアリ駆除最終日 
  連日のシロアリ駆除と
     バーベキュー
 
  シロアリ! 
  お庭でバーベキュー 
  バースデープレゼント 
  ボンちゃんとピッピちゃん
     が遊びに来た
 
  震度5強の余震 
  ドライブ 
  けりんの誕生日 
  お出かけ 
  動物病院 
  お花見 
  ボンちゃんとペコくんが
     遊びに来た
 
   
  湯布院 
  akioくんを預かった 
  続き 
  福岡西方沖地震 
  海ノ中道海浜公園 
  ドッグラン 
  湯布院 
  ボンママの翻訳 
  チャーリーとakioくんが
      遊びに来た
 
  パパが救急車で… 
  ショックからの復活? 
  昨日のショック? 
  天神中央公園で 
  沖縄旅行でお留守番 
  湯布院 
  けりんの年越し 
 2004年
 2003年




けりんの出来事を紹介しています。


2005年


2005年12月25日(日)  有田&佐世保
有田の九州陶磁文化館へ行った。
もちろんけりんは入れないから、パパだけが入館し、その間けりんとママは車でお留守番。
駐車場でボール遊びをしていると大きなお皿を発見!
『絵唐津稲穂文大皿』と書いてある。
さっそくけりんは記念撮影♪

途中、佐世保まで22kmの表示を見つけた。
やっぱりここは佐世保バーガーを食べに行かねば!
下調べをしていなかったので、i-modeとカーナビの飲食店検索でバーガー屋さんを探し、『ヒカリ』へ向かった。
日曜日の18時。
思いっきり行列かと思ったけれど、15〜20分待ち。
さっそくテイクアウトで注文した。
番号札が呼ばれるのを待っていると、パパが「しまった〜!」と呼びに来た。
2Fのバーガー屋さんの方が有名みたいとパパが言う。
ふと見上げると、ママがテレビで何度か見た『ログキット』。
「有名店が2Fにあるにもかかわらず下のお店でも数組が待っているってことは下のお店もおいしいんじゃない?じゃあ2Fのも買って食べ比べてみようよ」とママが言うと、「一応けりんがダメか聞いてみて?」とパパ。
ダメもとで聞いてみると、幸いお客が少なかったのでけりんもOK♪
そこで、『ヒカリ』のバーガーを持ったまま『ログキット』で食べた。

けりんは膝の上にだっこ。
目の前にはバーガーやポテトがあるのに、けりんは食べない。
…もらえないのがわかっているから。
けりんにはおやつをいくつかあげると、すぐにテーブルに顔を置いて寝始めた。
おかげでゆっくり食べられた♪
やっぱり流行だけあっておいしかった。

帰りにテイクアウトした『ヒカリ』のバーガーを食べてみると、おいしかった。
ママは『ヒカリ』のバーガーの方が好き♪
2005年12月20日(火)  忘年会
我が家で忘年会をした。
といっても、こたつに座れるのは6人。
ということで、ちょこママ&ボンママ&ペコパパ・ママの4人をご招待。
というか、話の流れでちょこママと忘年会をしよう!ということになって、そこにボンママが加わり、さらにその話を聞いたペコママが定員に余裕があるからとパパを誘って4人が決定!

昨シーズンさんざんハマったエバラの坦々ごま鍋の素が、今シーズンはいつものお店では扱ってなく、サニーの広告に載っていたので先日さっそく渡辺通り店に買いに行った。
でも扱ってなかった。
(x_x;)シュン
そこでエバラに電話をしてどこで売っているのか調べてもらった。
(エバラのHPを見たら教えてくれるって書いてあったので電話してみた。)
すると、同じサニーでも平尾店で扱っているとのこと。
さっそく20〜30本は買い占めるつもりで出かけると、残りはたったの7本!
とりあえず全部購入!

そうしてゲットした坦々ごま鍋の素で鍋パーティー♪
みんなが持ち寄ってくれたアルコールやデザートやアイスで大盛り上がり。

けりんはボンちゃんと2人っきりだと固まったまま。
でもそこにペコりんが加わるとまるっきり違う関係図ができる。
ボンちゃんはペコりんが苦手、ペコりんはけりんからやられる、けりんはボンちゃんの前で固まる。
この微妙な三角関係がいいようだ。
結局、ボンちゃんはペコパパに遊んでもらったり座布団の綿を出したり1人遊びをし、けりんとペコりんは延々とバトル。
そしてペコりんがいなくなったと思ったら柵をしているはずの階段を駆け上り、2Fから下りたくなったら「ク〜、ク〜」と鳴いて下ろしてもらう。
それの繰り返し。

わんちゃんたちはいっぱい遊び、親たちはいっぱい食べて、お開き。
みんなが帰ったあと2Fにあがると…
う○ちが3つ転がっていた。
(◎-◎)
2005年12月16日(金)  トゥインキーが遊びに来た
お昼前にトゥインキーママから電話。
我が家へ突進して来たからけりんがいれば一緒にお散歩を…ということだった。
ほんの少し前にパパがけりんをお散歩に連れて出たところで残念ながらけりんは留守。
さっそくパパに電話してみると、ピムちゃんちにお邪魔してるとのこと。
とりあえずママは外に出てみた。すると、かわいい服を着たトゥインキーが思いっきり我が家へ入りたがっている。
そこで、トゥインキーを預かって、けりんが帰ってきたら遊ばせてもらうことにした。
けりんが帰るまでの1時間、トゥインキーは1人で賑やかに遊んでいた。
けりんが帰ってからはバトル三昧!
悪天候が続いてまだ乾ききっていない庭と家を出たり入ったり、本人たちも家も泥がぁ!
1時間半ほどバトルをしたらお迎えが来て、嫌々ながらトゥインキーは帰って行った。
久しぶりのトゥインキーとのバトルで、けりんも大満足♪

それにしても…
我が家は夜型。
朝(ほとんどお昼に近い朝)起きてそのままの格好で洗濯や家のことをしてた状態での訪問。
ママはスッピン+パジャマ代わりのジャージ姿+ボサボサヘアでお出迎えをしてしまった!
突然の訪問に備えて、これからは起きたらまず着替え&お化粧をすることにしよう!
2005年12月15日(木)  ペコりんが遊びに来た
けりんが小さい頃に着ていた服が10枚弱。
このまま持っていても仕方がないので、あまり着ていないからサイズの合うお友達にプレゼントしようと、昨日のお散歩に持って行った。
【本音は、前日ペコりんが来ていたセーターが年配向き(?)のデザインだったのをけりんパパがついつっこんでしまったのでそのお詫びにペコりんへプレゼントしようと考えたのだ。】
でもペコりんには会えなかった。
ピムちゃんがあまりの寒さに震えていたので、ペコりんでも小さいだろうサイズの服を2枚プレゼントした。

そして今日、ペコりんにお散歩で会えた。
でもプレゼントしようとしていた服は持って来ていない・・・
そこでお散歩の帰りに家に寄ってもらい、渡すことにした。
家につくなりけりんとペコりんのバトルが始まり、ペコりんに着せてみるスキはない。
2人が落ち着くまでパパ・ママたちはあんこう鍋♪
すっかり食べ終わりけりんパパ&ペコパパはデザートを買いにお出かけ。
その間にようやく落ち着いたペコりんにいろいろと着せてみた。
サイズはピッタリ♪
とっても似合うものもそうでないものも、ぜ〜んぶプレゼント!
2005年11月28日(月)〜12月1日(木)  度重なるお留守番
4日前に6日間のグアム旅行から帰ったと思ったらまたお留守番。
今度は札幌。
引き続きけりん兄にお留守番をお願いした。

毎晩けりん兄からその日の様子を電話で報告してもらった。
「けりんはさびしがってない?」
とのけりんパパの問いに
「うん、大丈夫。僕にだっこされて寝てるし、仲良くやってる。」
との返事。
『うそだ!僕にだってだっこされて寝ることはめったにないのに。』
なんて、けりんパパは嫉妬しながらも、けりんがさびしがってない様子に安心。

お散歩の様子を聞くと、どうやらワイルドにやっていたらしい。
てっきり、けりん兄の周りから離れずにいるのかと思ったら、違う。
あのボンちゃんが登場しても、勇敢にも闘っていたという。
パパやママとのお散歩でボンちゃんが登場すると、最初だけは闘うけれどあとはず〜っとだっこ。
それなのに、けりん兄とのお散歩では、だっこされることなくボンちゃんが引くほどパンチしまくったらしい。
その報告を受けたパパはさっそくボンママに電話してみた。
やはり事実のようだ。
その様子をボンママから聞いてパパはまた大笑い!

札幌から帰ると、けりん兄が夜のお散歩に連れ出してくれていた。
さっそく、九電へ行ってみた。
ボンちゃんがいれば闘っている様子をこっそり覗こうと思ったが、残念ながらボンちゃんはいなかった。
それでも他のわんちゃんたちと元気よく遊んでいるけりんはパパとママが近づいていることになかなか気付かない。
ようやく気付くと、猛ダッシュでかけより、いつもの大歓迎ぶり♪
パパとママに群がる他のわんちゃんたちを追い払いながら久しぶりの再会。
するとボンちゃん登場。
いつものようにけりんはママにだっこをせがんだ。
「うそだぁ!けりんちゃん、昨日まであんなにボンちゃんをやっつけてたくせに!」なんて声が周りから一斉にあがった。
どうやらけりんは『もこみち』やら演技派の『ケンさん』(高倉健?渡辺謙?)と呼ばれていたらしい。
演技をしていたのはけりん兄といた勇敢なけりん?それともパパやママといる甘えっこけりん?

札幌にいる間、もちろんパパはマイキューを持って毎晩ビリヤード。
先のグアムでもマイキューを持って行き、ビリヤードへ行った。
グアムでは、キューを入れていたママのスーツケースがセキュリティーチェックにひっかかった。
帰国して福岡空港で流れてきたママのスーツケースは紐でぐるぐる巻き!
確かに、旅行会社の注意書きには『預ける荷物にはロックをかけないように』とあった。
でもグアム空港では職員に何も言われなかったし張り紙もしていなかったので、中身を盗まれては大変と思いロックをしていた。
(過去にアメリカでは空港職員によるスーツケースの中身の盗難の様子がニュースで流れたほどだったから特にアメリカ圏では用心していた。)
日本では本人の目の前でX線を通し、怪しい場合は本人の目の前でスーツケースを開ける。
でもグアムではチェック前にスーツケースを預ける。
預けたあとで勝手にチェックする。だから鍵は開けておかないと中身チェックができない。ロックされていた場合ロックを壊して中身チェックする。
もちろん全ての荷物ではなく、いくつかだけピックアップされてチェックされる。
それにママのスーツケースが選ばれた。
おそらくX線にうつったビリヤードキューの影が怪しかったのだろう。
それにしても、持ち主が誰だかわかっているのだし、その持ち主はもちろん空港内にいるのだから、アナウンスで呼び出して鍵を開けさせればいいのに!
無惨にもロックが壊され、閉まらずにカパッと開いたままだったからひもでぐるぐる巻きにされたらしい。
この場合、航空会社からの補償はないとのこと。
結局、他に入っていた損保から新しいスーツケース代が出ることにはなったけれど、やっぱり納得いかない!
アメリカ圏へ行くみなさん、盗難覚悟で預ける荷物にはロックをしないことをおすすめします!
2005年10月18日(火)〜19(水)  倉庫の片付け
昨日の倉庫片付けが途中でコスモス見物になってしまったため、翌2日間は倉庫の片付け。
大きな大きな倉庫内の一角を借りている。
パパとママが片付けてる間けりんはノーリード。
寝たり座ったりお利口にしてくれた。

倉庫の中は全部パパのもの。
何でも捨てる派のママを前に、パパは泣く泣く処分。
中には家へ持ち帰ったものもある。
パパが若かりし頃に着ていた派手な服!
さっそくお散歩の帰りにちょこママを家に呼び披露した。
パパが載っていた雑誌や新聞も披露。
長髪にスリムだった若い頃のパパを見て、ちょこママも大爆笑♪

倉庫の荷物が減って片付いたのはいいけれど、家へ持ち帰ったものもあるため、今度は家がダンボールでいっぱいになってしまった。
2005年10月17日(月)  満開のコスモス
朝から借りている倉庫の片付け。
パパの美術書やら重いものを整理した。

途中中断してのランチ。
天気がよかったので百道のマリゾンにあるBig Dog カフェまで行った。
海辺にあるので気持ちがいい。
そこで、ママはパパに「土曜日にリキちゃんが甘木市のキリンビールにあるコスモス園に行った」ことを話した。
案の定パパは食いついた!
さっそくリキママにメールして場所を聞き、さらにカフェにいたわんちゃん連れのお客さんにも詳しく場所を聞き、行ってみた。
満開でちょうど見頃♪
もちろんわんちゃんOKで、わんちゃん連れもかなりいた。

途中「コスモス街道」なる標識を発見したので、はしごしてみた。
残念ながら北野町にあるコスモス街道は散り始めていた。

帰りはそのままいつものお散歩場所である九電へ直行。
パパはプレーオフ最終戦が気になり車のラジオを大きくつけて、お散歩中でも聞こえるようにしていた。
でもやっぱりテレビで見たい。
他の飼主さんも気持ちは一緒。
というわけで、みんな早々に切り上げ帰宅。
「優勝決定瞬間に始まるダイエーのセールに行かなきゃ!」と意気込んで見たパパとママだったが、結局ホークスは逆転負け。(;´△`)
う○ちもせずにお散歩を切り上げられたけりんは爆睡。
結局、セール(負けた場合は「感謝セール」)には行かなかった。
2005年10月16日(日)  WANWANバーベキュー大会
お散歩仲間と粕屋町の「らんらんフィールド」というドッグランでバーベキューをした。
わんちゃん19人(「匹」)、人間33人。
ドッグランを借り切って道具や材料を持ち込みのバーベキュー。
隣のアジリティーフィールドも借りることができたので遊び好きなわんちゃんはそっちで遊び、食べること大好きor飼主さんベッタリのわんちゃんはバーベキューコーナーへ。
けりんはもちろん「ベッタリ」系(パパがけりんにベッタリ系?)なので、パパ・ママがバーベキューを食べている時は一緒に椅子に座り、その後はパパと一緒にアジリティーフィールドで遊んだ。(といっても、アジリティーをするわけではなく、ただなんとなく。)
大勢でどうなることかと思ったけれど( 一応ママはモダンパパのお手伝い役として主催者側)、皆さん自主的にテキパキと材料を広げたり、焼いたりしてくれ、とってもスムーズに無事終了♪

行き帰りとボン母子が同乗。
帰りはもちろんまっすぐ帰るわけがなく(パパはとってもおでかけ好き♪)、新宮町の温泉にパパが入り、ママは24時間営業のトライアルでお買い物。

ボン母子を送って、買い忘れた「つっぱり棚」を買いにダイエーへ行った。
ダイエーの店内ではプレーオフの途中経過が店内放送されていた。
そして外では中型モニターで野球中継をしていたため人だかり。
ママの買い物の間車の中でけりんと待っていたパパは、ママが戻るとすぐにモニターを見に行った。
ホークス逆転勝利!
これで2対2のドロー。
優勝決定は明日の最終戦へ。
2005年10月6日(木)  朝カフェ
天神地区で10月3〜7日の間、7:00〜10:00に朝カフェ(いくつかの屋台)がオープン。
福岡の朝のイメージを!ということでの試験的実施。
そこで、リキちゃんピッピちゃんとでお散歩&朝ごはんへでかけた。
雑穀ごはん+具だくさんお味噌汁+きんぴらごぼう+高菜で400円。
リキちゃんとピッピちゃんは椅子の横に座っている。
2匹とも大きいので、地面に座っても頭がママたちのちょうどいい位置にくる。
ところが、けりんは小さすぎて地面に座ると低すぎ!
しかもチョコマカと動き回る。
だからけりんはママのひざの上に抱っこ。
でも、けりんはママのごはんを欲しがらないので、ママは落ち着いて食事ができた。
帰りに違う出店の前を通ると、そこのメニューもおいしそうだった。
そこで急遽翌日も来よう!ということになった。

帰宅するとトゥインキーママから電話。
お姉ちゃんの運動会のためトゥインキーを預かることになった。
もちろん、けりんとトゥインキーはほとんど休むことなく夕方のお迎えまでひたすらバトルをしていた。

翌日また同じメンバーで朝カフェへ行った。
ごはん+お味噌汁+アジのひらきで250円!
2005年9月13日(火)〜29日(木)  けりんとパパの闘病記
9月13日(火)
夜ママがけりんの歯磨きをしていると、けりんの唇(黒っぽいひだひだの部分)に直径5oのピンクのできものを発見!

9月14日(水)
耳そうじのため動物病院へ行き、ついでにできものも診てもらった。
けりんはできものには気付いておらず、食欲もあるし、元気もある。
とりあえず、1週間ほど様子を見ることになった。

9月20日(火)
耳そうじ&できもの経過のため動物病院へ。
待合室で待っていると、お散歩仲間からメールを受信。
できもののため病院に来ていることを返信した。
そして診察。
【医】「できものの大きさはどうですか?」
【マ】「ん…変わらないような、気持ち小さくなったような…、大きくなってないことは確かです。」
【医】「まだ2歳ですね。年齢から言って悪性の可能性は低いでしょう。この場合方法としては3つあります。1つはもう少しこのまま様子を見る方法。もうひとつは細胞を採って検査する。この場合できものに針をさすんですが痛みはほとんどありません。ただ、全部の細胞が採れるわけではないので検査結果も完全ではありません。そして3つ目は良性であれ悪性であれ取ってしまう。この場合全身麻酔することになるので体に負担がかかってきます。」
【マ】「それじゃぁもう少し様子を見てみます。」
【医】「そうですね。けりん君の場合定期的に耳そうじに来てるから次回まで様子をみましょう。」

帰宅後、ママはおでかけ。
夕方になるとパパはけりんを連れてお散歩へでかけた。
そのお散歩でパパは、動物病院でメールをやり取りしたお散歩仲間からけりんのできものの様子を聞かれた。
「え?けりんにできものがあるの?」
できもののことをママから聞かされていなかったパパは見る見るうちに顔色が変わった。(周りで見ていた人談)
あとからお散歩に合流したママにパパが聞いた。
【パ】「けりんにできものができてるって?」
【マ】「しまった!お散歩仲間に『パパには内緒』だってこと伝え忘れた!大丈夫よ。けりんも気付いてない程度のものだから。」

9月22日(木)
今日はパパの誕生日。
でも元気がない。というか弱っている。ここ数日こんな調子。
けりんとママが朝のお散歩から帰ると、パパは『脳に新しい梗塞ができた』と確信し、病院へ行くと宣言。
【マ】「タクシーで行く?救急車で行く?」
【パ】「自力で行くと待ち時間が長いし受付時間も過ぎてるから救急車で行く。」
【マ】「私も行こうか?」
【パ】「本当は来てほしいけど、けりんがかわいそうだから1人で行くよ。」
【マ】「少しくらいならけりんもお留守番できるから、だったら私も行くよ。じゃぁ準備するからちょっと待って。」
それからママはお化粧したり、けりんのお留守番の用意をしたり、パパのお出かけ準備をし、119番に電話した。(ママは全然緊急性がないと判断していた。)
救急車の到着を待つ間、「あ、そうだ。けりんのできもの小さくなったよ」とママはパパに報告した。(ほんのちょっと小さくなったように思えた。)一瞬パパの表情が明るくなった。
【パ】「それを早く教えてくれてれば救急車呼ばなくてもよかったのに…」
そして救急車が到着。
相変わらずけりんは救急隊員に吠かかろうとする。
ママがけりんをだっこしたままいろいろ用意をし、すがるけりんを置いて玄関を閉めた。お向かいの八百屋さんからは「どうしたの?」と聞かれ、「脳梗塞が…」と言い残し救急車に乗った。

病院での検査の結果、新しい梗塞は見つからなかった。
パパもこれでひと安心。というか、ママの『新しい梗塞はできてないって!』という前々からの宣言にようやく納得した。
ママは梗塞なんてできてないことを確信していた。
なぜなら、パパの弱っていた原因は明らかだから。
@いろいろ探したけれど、脳梗塞に対する最新治療法(幹細胞移植による再生治療)を九州でやっている病院がなかったという落胆
A幹細胞移植を唯一行っている札幌医科大付属病院に問い合せたところ、発症して12時間以内の新しい梗塞でないと移植できないという落胆
B新しい梗塞ができれば移植してもらえるという密かな望み
Cけりんのできものが悪性腫瘍であるという思い込みによる心労
(↑日付順)

新しい脳梗塞ができてないことが判明したパパは一転して元気!
帰りは病院の目の前にあるホークスタウンでランチを食べ、最近できた『デザート・フォレスト』で買い物をして帰った。
タクシーで戻ると、お向かいの八百屋さんが声をかけてくれた。
救急車でケーキを買いに行ったのかと思われるので『デザート・フォレスト』の大きな袋を隠しつつ家に入った。
けりんの大歓迎ぶりは言うまでもない。

9月23日(金)
パパもすっかり元気になったのでママの実家湯布院へ出発した。

9月27日(火)
けりんのできものは明らかに小さくなった。

9月29日(木)
耳そうじ&経過報告のため動物病院へ。
すっかり小さくなったできもの(できもののあと)を見て、先生は「このまま行けばなくなるでしょう」と言い、ようやくけりんとパパの闘病(けりんは全然闘病してない!)は終わった。
2005年9月23日(金)〜26日(月)  ママの実家湯布院へ行った
9月23日(金)
パパとママとで久しぶりの湯布院へ。
ママの姉がお迎えに来てくれ、ちょうどお昼時だったので『PaPiPaPa』でランチ!と思ったら満席(;´△`)
そこで、『J's kitchen』へ行った。
看板犬のラッキーココロちゃんがお出迎えしてくれけりんも大喜び♪
ラッキーはパパや姉に抱きつきペロペロ!
さすがのけりんもヤキモチを忘れ呆然(゜ロ゜)

パパと姉はそれぞれお友達と出かけてしまった。
ママと義妹とけりんはお散歩をかね、ママのお母さんが働くパン屋へ。
ママたちは店先の椅子に座っておしゃべりし、けりんは寝たり座ったり。
前を通る観光客から「かわいい」「ぬいぐるみみたい」と声をかけられ上機嫌だったo(^o^)o
帰りにほたるちゃんのところへ寄り、バトルをした。

夕食、けりんは家にお留守番させられ、ママたちは焼肉を食べに行った。

この日パパは帰らなかった。

9月24日(土)
朝散のあと、昨日のほたるちゃんとのバトルで汚れていたのでけりんを温泉でお湯洗いした。

ランチはママと姉と義妹とけりんで『PaPiPaPa』。
ママたちはオムライス、けりんは豊後牛の自家製燻製。
おいしかったV(^0^)

夕方からは、パパと合流するために院内町のお友達宅へ行った。
1Fのガレージにはランボルギーニとビリヤード台。
ここでパパたちは長時間ビリヤードをしていたらしい。
もちろん、ママとけりんが到着した時もビリヤードをしていた。
ママも参戦!

夕食はお友達行きつけの居酒屋。
なぜかお友達だけはわんちゃんOKで、けりんも遠慮なく連れて行った。
その後またまた行きつけのスナックへ。
もちろんけりんもOK。
けりん、初めてのスナック。
ず〜っとママの膝の上で寝ていたけりんが起きると、前に座っていたお店のお姉さんが「え?毛皮かと思った!わんちゃんだったんだ!」と驚いていた。
ジーンズにスニーカー姿だったママこそ、『この格好で毛皮持つかぁ!』と驚いた。
それからまたまたまた行きつけのバーへ。
バーもけりんは初めて。
ここでもけりんは抱っこされていた。

結局、この日は(パパはこの日も)泊めさせていただいた。

9月25日(日)
お友達の家から湯布院へ戻る途中、安心院町にあるママの実家へ立ち寄った。
【ここでおさらい:ママは湯布院で生まれ育ち、その家は今も湯布院にある。が、ママの両親は数年前から安心院町にあるお父さんの実家に移り住んでいる。だからママの実家は湯布院と安心院にある。ちなみに、湯布院の生家の向かいには弟夫婦が住んでいる。】
安心院の実家ではちょっとお昼寝し、お米やかぼすなどを車へ積んだ。

そして『東椎屋の滝』へ行った。
滝から流れる川沿いを歩いて滝壷まで行き、そこで記念写真。

夕食、けりんはママのお母さんに子守りしてもらい、パパとママで外食。
家に戻ると、うたた寝しているお母さんの横でけりんも同じタオルケットにくるまり寝ていた。というか、寝かされていた。

9月26日(月)
パパとママとけりんとで『PaPiPaPa』でランチ。
けりんはわんちゃんごはんを食べた。
食事が終わった頃コリーがやってきて、けりんは上手にあいさつができた。

それからやまなみハイウェイを通って飯田高原へ行き、戻ってからはほたるちゃんのところへ遊びに行った。
ヘトヘトになるまでバトルをし、帰宅してからは温泉でお湯洗い。
そして最終バスで福岡へ戻った。
バトルで疲れていたけりんはバスの中ではバッグの中で爆睡だった。
2005年9月6日(火)〜7日(水)  民宿モダン
大きな大きな台風14号が上陸!
外でしかトイレをしないけりんを、昨日の夕方と今朝と、風雨の弱まった頃を見計らいお散歩へ連れて出た。
それでもやっぱりわんちゃんと遊べないお散歩が続くとかわいそう…
そんな時にモダンパパから事務連絡の携帯メールが!
そろそろわんちゃん同士で遊びたいだろうという双方の親心から、夕食のお誘いに甘え伺った。
自転車に乗せて行き帰りに歩いて帰ればお散歩&トイレになる!ということで、小雨の降る中、パパとママとけりんはレインコートを着、パパとけりんは自転車、ママは徒歩ででかけた。

モダン家につくと、さっそく2人のバトルが始まった。
親たちはうどんすき、そしてけりんたちはモダンママの手作りごはん♪
そのうちけりんパパがあまりの居心地のよさにウトウトし始め…
モダンママに手をかざして血液の流れをよくしてもらい体が熱くなり、そして急に寒くなり…毛糸の帽子、マフラー、厚手のくつ下、毛布、布団…あっというまにけりんパパだけ真冬になった。
そうこうするうちにお泊りすることに(^.^)
雨がやんでいるうちにけりんをおトイレに連れて出た。
うんちをすると、けりんは一目散にモダン家に戻った。

台風の様子を心配して、遠くの家族や親戚、友達から数通のメールが届いた。
皆さんご心配の最中、けりん一家はこんなに楽しい時間を過ごしていたのだった。

けりんとモダンちゃんは2時半頃までバトル!
ようやく寝たと思ったら…

朝6時頃近所のわんちゃんのあやしい鳴き声で2人は起き、一緒に吠えている。
夜型のけりんパパ&モダンパパママ。
起こしては大変!とけりんママは2人をお散歩へ。
いつもの九電体育館へたどり着いた。
ピッピちゃんがいて、すぐにリキちゃんが来て、ルーちゃんが来た。
みんなから「お預かり?」と聞かれ、事情説明。
台風は去ったものの地面が濡れていたので2人は足元がベチョベチョ!
そこで近くのけりん家に戻り、シャワーした。
せっかくきれいになったのに歩いてモダン家に戻るとまた汚れてしまう(>_<)と判断したけりんママは、自転車の大きめなかごに2人を入れ、押してモダン家へ向かった。
2人は仲良くかごの中に座り、じ〜っと前を見つめていた。

9時頃モダン家に着いた2人はさっそくバトルを再開。
そして10時半、遊び疲れ&寝不足で爆睡。

お昼ご飯(正確にはお昼に食べる朝ご飯)をいただき、快晴の中自転車でけりん一家は帰った。
家に戻ると、けりんはもちろん爆睡。
けりんパパは、モダンママにかざしてもらった「魔法の手」によりすっかり元気になったのでビリヤードへ。
よほど気分&体調がよかったようで、ビリヤード→カラオケ→ビリヤードのフルコース!

台風が思いがけないプレゼントを運んで来てくれた。
と〜っても楽しいお泊りだった♪
けりんパパは病みつきになるかも!
モダン、モダンパパ&ママ、ありがとう♪
2005年8月26日(金)  ママが倒れた!?
お盆を過ぎてなんとなく陽射しが弱くなってきたようなので、朝のお散歩もちょっとゆっくりで7時前頃出発。
今日はめずらしく、近所をまわらずに九電体育館へ直行。

ちょうどマリーちゃんが帰るところで、ピッピちゃんたろうくんケンちゃんが弓道場の前に座っていた。
朝は飼主さんが忙しいため、長居できないわんちゃんが多い。
みんな帰ってしまい、ピッピちゃんとけりんだけになった。

ピッピママとけりんママは弓道場の玄関前に座っておしゃべり。
ピッピちゃんとけりんは近くを散策。
2人(2匹)の姿が見えなくなったのでけりんママが立ち上がり前へ出て…
そこで立ちくらみ。
最近立ちくらみが多い。
いつもなら目を閉じて5秒くらいするとおさまる。
今回も目を閉じて…
一瞬夢を見た。内容は覚えていない。
ハッと気がつき、『あれ?地面?あ、倒れたんだ』
目を開けると目の前の地面に血が!
 『あ、頭から血が出てる』
バッグに入れていたけりんのうんち用トイレットペーパーで頭を押さえた。
ピッピママが心配してくれている。
通りがかりの女子高生も「大丈夫ですか?」と声をかけてくれた。
幸い意識ははっきりしている。
向こうの方でけりんがうんちしている姿もはっきり見える。
「けりんがうんちしてるから取りに行かなきゃ。」
そう言いながら体を起こし、少し座ったままでいた。

ピッピママとの会話。
「よくあるの?」
「立ちくらみは最近よくあったけど、実際に倒れたのは初めてです。」
「やっぱり」
「え?わかります?」
体調の異常が表に現れてるのをピッピママにはバレていたのだと思った。
「だって、きれいな人ってよく倒れるから。うらやましくて。」
「・・・」
美人薄命…美人かどうかは別として、普通倒れる人って色白でキャシャで…私は小麦色の健康肌(最近は日焼け=健康とは限らないけれど)、骨太がっしりタイプ。
どう見ても倒れそうにない。

結局、しばらく座っていたら落ち着いたので、けりんのうんちを拾って、帰りたがらないけりんを抱っこして帰宅した。
そして、さっそく鉄分補給のためにレバーとひじきを買い込んだ。
右耳の上部分を少し切ってタンコブができ、右肩・腕・手の甲・腿・膝、左掌に擦り傷。

翌朝、お散歩でピッピちゃんとリキちゃんに会い、二人とも心配してくれていた。
そこで、土曜日でも開いている病院を探し行ってみた。
血液検査なら献血に…とも思ったけれど、すぐには結果が出ないのでやっぱり病院に行くことにした。

先生との会話。
「血液は、献血してもいいくらい立派です。」
「あ、そうなんですか。鉄分不足かと思ってレバーやひじきを買い込んだんですけど。」
「血圧が低いけれど、家族もそうなんですか?」
「いえ、聞いたことはないですが…」
「睡眠や食事は?」
「ちゃんとしてるとは思うんですけど…」
「汗かいたらちゃんと水分摂ってる?」
「いえ、それが水分は昔からなかなか摂れなくて…」
「脈にも異常がないから、まずは水分をしっかり摂って、それでもパタパタ倒れるようだったら脳の検査をしましょう。」

よく考えたら夏のお散歩時間になって、睡眠も十分ではなかったかな。
水分もやっぱり摂らなきゃ。
今まではおそらく500〜555ccくらいしか摂ってなかった。
帰りにスポーツドリンクの粉末を買った。
薄めに溶かしたスポーツドリンクを毎日1.5〜2リットル、頑張って飲もう!

もちろん、心配症のパパには倒れたことは内緒。
それでも、すりむいた頬や手を見れば何かあったことには気付いていると思う。
敢えて聞かないだけなんだと思う。
ただ、最近よく水分を摂るようになった点は安心してくれている。
(倒れてから5日目、そろそろ時効!)
2005年8月11日(木)  わんちゃん食事会
夜のお散歩後、モダンママのしている食事処に集った。
参加者は、ビスコ&パパ・ママ、ペコ&パパ・ママ、ベベ&パパ・ママ、黒モモ&ママ、ボン&ママ、コナ&ママ、けりん&パパ・ママ。(座席順)
わんちゃん用の食事も用意されていた。
家では食べたことのないご馳走!
にがうり、オクラ、軟骨、さつまいも、人参、鶏肉.etc.
人間が食べても十分においしそうだった。
食欲旺盛のコナちゃんは、ボールに入った自分のごはんをあっと言う間にたいらげ、隣のボンちゃんのご飯に手をつけ…その後はいろいろと渡り歩き、かなりの量食べていた。
食事に行ってもいつもは寝ているけりんだが、今日は大好きなわんちゃんばっかりとあって、店内では大暴れ!

20時から始まった宴、お開きは0時。
けりんもパパもママも充実した時間だった。
2005年8月9日(火)〜10日(水)  初!九州脱出・本州上陸
★★8月9日(火)★★
知人に会うために、最近下関に合併した菊川町へ車で行った。
けりんにとっては初めての本州。
と言っても、本人は全く理解していない。
けりんはドライブさえできればどこでもOK!

知人宅にはシェパードのジョン君とハスキーのテンテン君がいた。
お散歩でたまに会うリサちゃん(シェパード)には吠えかかるから心配したけれど、ジョン君もテンテン君もと〜ってもおとなしく、最初はオドオドしていたけりんもすっかり平気!?

宿泊は知人宅近くの温泉宿。
かなり古かったけれど、14畳の部屋は広々!
夕食は別のお部屋だったので、けりんを部屋へ置き、合流した知人と夕食&カラオケ♪
3時間後に部屋へ戻ると、ドアを開けた瞬間飛びついてくるかと思ったら・・・
しばらくキョトンとしている。
パパが部屋へ入っていくとようやくいつもの大歓迎ぶりで抱きついてきた。
よく見ると布団が敷かれている。
どうやら、けりんは布団を敷きにきた従業員のおばちゃんがドアを開けた瞬間歓迎しようと近づいたけれど見知らぬ人だったからビックリし、それで私たちがドアを開けても一瞬誰が来たのか判断がつかなかったのだろう。
それからパパとママは交代で大浴場の温泉に入りに行った。
けりんはパパの布団で大の字で寝てしまったため、パパはママとけりんの布団の間で寝た。

★★8月19日(水)★★
朝5時半に起きてお散歩。
けりんを抱っこして宿の玄関まで行くと、従業員のおばさんがいた。
「昨日は鳴いてたね」とけりんに声をかけた。
え?けりん鳴いてたんだ!
宿の健康サンダルを借り、1時間を覚悟してお散歩へ出た。
すると、ちょっと歩いただけでUターンし、けりんはうんちもせずにさっさと宿へ戻ってしまった。
『昨日はあまりごはん食べてないからうんちは出なくても大丈夫かな。』
たった15分のお散歩を終え、ママは朝風呂へ。
戻ってパパを起こし、今度はパパが朝風呂。
そして朝食。
昨夜の食事部屋ほどは離れていないけれど、部屋の階段をおりたすぐのレストランが朝食会場。
「昨日けりんが鳴いてたっておばさんが言ってたけど、布団を敷きに行ったりしてたからワンワン言ったんだろうね。誰もいなければ鳴かないと思うし。」
なんて食事しながら話していると…
食事を始めて15分くらいたっただろうか。
「クォ〜ン、クォ〜ン」とけりんの鳴く声が聞こえた。
「けりんが鳴いてる!」
ママはそう言うと、ほとんど食べ終わっていたパパに部屋の鍵を渡した。
パパはダッシュで部屋に戻った。
『やっぱり昨夜も鳴いてたんだぁ。食事部屋が遠かったから聞こえなかったんだ。』
ママは朝食をしっかり食べ、部屋へ戻った。

宿を出発し、関門海峡へ向かった。
海峡ゆめタワーに着き、けりんをバッグに入れ入ろうとすると…
駐車場から入口まで注意深く見ていたけれど「ペット禁止」とひとこともなかったので『けりんも入れる♪』と喜んで受付まで行き、それでも念のためペットOKか聞いたら…
ダメだった。
結局、けりんはバッグから顔を出して亀さんみたいになった状態のまま、スタッフルームで預かってもらった。
そしてパパとママは展望室まで上がり、絶景を楽しんだ。

壇ノ浦SAで炎天下の中写真撮影のため下車。
あまりの暑さに写真を数枚撮っただけですぐに車に乗り込み出発。
関門橋を渡り、門司港メトロへ寄った。
やはり車からおりるのは暑すぎるから、パパのガイドで車でひとまわりした。

鞍手PAでひと休憩していると、「古賀SAにわんちゃん広場!」というポスターを発見。
でも残念ながらオープンは明日から。
一応下見のつもりで古賀SAへ寄ってみた。
広場までは行かなかったけれど、ドッグランでみかけるフェンスがあった。

福岡へ着くと、そのまま九電体育館へ直行し、けりんはお友達と遊んだ。

お散歩後、夏になったらわんちゃんOKのテラスを開放すると言っていたレストランにモコくん(トイプー)父子を誘って行った。
ところが、テラスのテーブル&椅子が虫にやられてしまい使用できないという理由でテラスは閉鎖されたままだった。
結局、らるきぃに行って食事をした。
2005年8月7日(日)  今日も抵抗
朝散6時出発。
ひと周りして九電体育館へ行くと今日も剣道大会で車がいっぱい。
弓道場の前で朝ご飯を食べ終わると、リキちゃんがやってきた。
またここでは遊べないからひと周りすることにした。
薬院公園につくとけりんはボール遊びを始めた。
リキちゃんは帰った。
するとけりんは慌ててリキちゃんを追いかけた。
「それじゃあ今日はけりんがリキちゃんを送ろう!」
一緒にリキちゃんち方面へ歩いていると…
ピッピちゃんのマンションのベンチにピッピちゃん発見♪
しばらくおしゃべりして、ピッピちゃんと一緒にリキちゃんを送り、それからグルーっとお散歩。
所々、ピッピちゃんの休憩ポイントで休みながら家の近くのバリューに到着。
バリュー前のオブジェもピッピちゃんの休憩ポイント。
ピッピちゃんもけりんもお水を飲みたがったけれど、けりんのお水は既に飲み干していたので、ピッピママがバリューにお水を買いに行った。
その間ピッピちゃんはおりこうさんに待っていた。
ピッピママが戻ってきてまたおしゃべり。
ピッピちゃんもけりんも帰る気配はない。
時計を見ると10時!
ピッピちゃんは帰って行った。
けりんも後を追いたがったけれど、抱っこして連れて帰った。
『けりん、そんなにお家には帰りたくないのね…』

帰るとそのまま浴室へ行き足をよーくシャンプーしてドライヤー。
薬を飲ませ、耳そうじをし…
『けりん、どんなにお散歩しても、結局帰ったらすることはするのよ(^.^)』

おかげで足は舐めなくなり、耳もかゆがらなくなった。
でも、念のためもう少し薬,etc.は続けようね♪
2005年8月6日(土)  更なるささやかな抵抗
5:40ママと朝散に出発。
家の周辺を1時間程ぐる〜っと歩きいつもの九電体育館に到着。
リキちゃんと会い、チョッカイを出すけど遊んでくれない。
そしてリキちゃんが帰ると、玉竜旗剣道大会のため早朝にもかかわらず駐車場がいっぱいになり近くの道は渋滞!
そこへシェルティーのマリーちゃんも来たけれど、遊ぶ場所がなく、早々に退散。
けりんはご飯を食べ、それからトボトボ帰路についた。
が、家の前を素通り!
『いつも3回するうんちをまだ2回しかしていないからうんちがしたいのかなぁ』と渋々けりんの誘うままついて行った。
途中、ピッピちゃんと遭遇。
合流し、ピッピちゃんがけりんを送ってくれた。
我が家に近づき、交差点でピッピちゃんと別れると…
けりんはまたUターン。
『ほんとにうんち出るの?』
半信半疑ながらママはけりんの行く方へ。
九電体育館の満車の駐車場で車の陰に座り込んだ。
それじゃここで耳そうじ!
片耳を終えるとその車の持主が来てしまい、ようやく帰ることを決意したママはけりんを抱っこして帰った。

8:45帰宅。
玄関でもう片方の耳をそうじ。

終わる即庭へ!
またプランターのところに隠れているのかと覗きに行くけれどいない。
一通り探すけどけりんがいない。
よ〜く探すと、観葉植物の生い茂ったしげみに隠れていた。
しばらく放っておいたけれど、蚊にさされてはかわいそうと迎えに行き抱きかかえるとアリがいっぱいくっついていた。
慌てて払い落とし、家の中へ入れた。

今日は9時には病院へ連れて行こうと決めていたのに、お散歩が長引き行けなくなった。
自転車で行くには朝一で出かけないと暑い!
そこへ午後から雨が降りだした♪
雨が上がり、曇っている間に病院へ行った。

耳と肉球の検査をすると菌がいた。
さっそく薬をもらって帰った。
飲み薬は小さく刻んでおやつに埋め込み、何度も吐き出されながらようやく飲ませた。
夕方のお散歩から帰ったら抗菌シャンプーで洗い、よく乾かした。
耳は洗浄し、薬をたらした。

この日はママに近づくと何かされると思い、けりんは距離を置いていた。
2005年8月5日(金)  ささやかな抵抗
ここ数日耳をかゆがっており、見ると真っ赤になっている。
耳垢も黒っぽいのが出るので、7月14日に『ジャングルのようだ』と言われながら耳そうじしてもらって以来、この2〜3日耳そうじをしている。
そして、やはり14日に肉球の間の毛玉を取ってもらったあと、まだペロペロ舐めるので舐めるたびにやめさせている。

今日も耳そうじをした。
すると、耳そうじされている間は固まってじっとしているけりんも、終わると庭に逃げて行った。
見ると、プランターとプランターの間の狭いところに穴を掘り、そこで寝てしまった。
ママの近くにいると耳そうじされると判断したけりんは庭なら大丈夫だと思ったらしい。
心が落ち着くまで放っておいた。
2005年7月31日(日)  階段落下
階段横の洗濯機でママが洗濯をしていると、けりんが大好きなおもちゃのラグビーボールをくわえてやってきた。
そして階段を上ろうと…
「けりん、ただでさえやっと階段のぼってるのに、そんな大きなボールくわえて大丈夫?」
ママは言った。
もちろんそんな言葉を理解できるはずもなく、けりんはのぼっていった。
しばらくして…
ポーン、ポーン、ポーン…
ボールが落ちてきた。
次の瞬間、ドタドタドタ…
ママが急いで見上げると、けりんが文字通り転がり落ちていた。
慌ててけりんをつかんだ。
あと2段のところでけりんは力尽き、2段ほど落ちた。
だっこしたママの肩に必死にしがみつき、1Fに下ろすと今度はビリヤード台の下にチョコンと座ったまま固まった。

しばらくすると、いつものように玄関で寝始めた。
そこへ今度はパパが起きて2Fから下りて来た。
次の瞬間、カラーン、カラーン、カラーン…
左手に多少しびれの残るパパはプラスティック製のコップを落とし、それが階段下の玄関で寝ていたけりんの方へ!
幸い当たらなかったが、その音にびっくりするけりんであった。
2005年7月14日(木)  トリミング(?)
美容室へ行くことのないけりんは、動物病院で爪切り&耳そうじをしてもらう。
(タダなのです!)

ここ2〜3日左手の肉球を舐めるので、爪切り&耳そうじをかねてどうぶつ病院へ行った。
耳の中に毛が生えているけりんは定期的に毛を抜かないと病気になりやすいんだけど、家ではなかなかそこまで手がまわらない。
久しぶりに耳そうじをしてもらったら、「ジャングルのようにボーボーでした!」と言われてしまった ( ̄□ ̄;)!!

肉球は…
ど真ん中に小さな肉球がある。(と思い込んでいた。)
右手より左手の肉球の方が大きい。(と思い込んでいた。)
てっきり左手の肉球が腫れてるから、けりんはペロペロと舐めていたのだと思った。
すると…
それは肉球ではなかった。
肉球と肉球の間の毛がよじれ、ピスタチオくらいの毛玉が出来ていたのだ。
ヽ(´・`)ノ
すっかり取り除いてもらい、肉球の間の毛も剃り、スッキリ。
幸い皮膚病にまではなっておらず、赤くなっていただけだった。
シャンプー後や雨で濡れた日のお散歩の後には、肉球の間をきちんと乾かすよう言われた。
ママ、O型だからなぁ。(-。-) ボソッ
2005年7月7日(木)〜11日(月)  またパパとお留守番
またママは旅に出た。
パパとけりんはお留守番。

7日の夕方のお散歩ではママも一緒。
途中、けりんが他のわんちゃんと夢中で遊んでいる間にママはそ〜っと退散。
そしてお出かけしてしまった。

ママの留守中、雨が多く、パパはお散歩のタイミングを計るのに空とにらめっこ。
けりんの世話に集中し、仕事ははかどらず…心身共に疲れ果ててしまった。

11日のお昼にママは帰宅。
けりんは玄関から門扉に走り寄り大歓迎…も束の間、すぐに足にかぶりつき始めた。

留守中行けなかったビリヤードにパパはさっそく出かけて行った。
5時間程して帰宅したパパ。
やはりけりんは大歓迎!
いつまでもパパのお口をペロペロ。

どう見ても、パパを歓迎する時の方が熱烈!
2005年6月16日(木)〜18日(土)  パパとお留守番
ママが韓国へ行ってしまった。
化粧品を買いに…

というわけで、パパとけりんが二人でお留守番。
パパはビリヤード(リハビリ)にも行かずに、ず〜っと家にいた。
そして朝晩のお散歩には欠かさず行ってくれた。

どうやら、パパは体中から『寂しい!』オーラが漂いまくっていたらしい。
けりんも、『僕が脱走したらパパは猛ダッシュで追いかけてくれるのだろうか…』と不安げだったらしい。
(お散歩仲間に後日聞いた話)

ママが帰ってきたら、パパはちょっとダウン気味。
けりんと二人っきりだったので緊張しまくり、一気に緊張がほぐれたみたい。
2005年6月12日(日)  ゴキブリ
2Fにけりんを連れてあがりHPを更新していると、けりんが階段の下に向かって「ウォフッ、ウォフッ」と吠えた。
下におろし、ママだけ上がってくるとすぐにまた2Fへあがってきた。
(我が家の急な階段をあがれるけれどおりれないけりんである)
そしてまた下にむかって「ウォフッ、ウォフッ」。
「降りたいのならあがってこないでよ〜」
ママはまたけりんをだっこして1Fに連れて降り、自分だけ2Fにあがった。

すると玄関から『カサッ、カサッ、カサッ』と音が聞こえてきた。
『ビリヤードへ行っていたパパが帰ってきたのかな?』
「帰ったの?」
「・・・」
返事がない。
ママは1Fにおりてみた。
すると玄関でけりんが何かを口でつついている。
電気をつけてみた。
めがねをかけていないから良く見えない・・・
近づくと・・・
ゴキブリが弱ってひっくり返っていた。
「待て!」
けりんに号令。
急いでゴキブリ用スプレーを持って来てシューして5枚に重ねたティッシュでつかみ袋に入れしっかりしばりゴミ箱へ。
よくみると足が1本とれていた。
『まさか、動いていたゴキブリをけりんがやっつけたんじゃないよね・・・』
深く考えないことにした。
2005年6月11日(土)  モダンちゃんち発見♪
曇っていて暑くなかったので、朝のお散歩はのんびり10時頃出発。
グランドが使えなくなったことを理解したのか、昨日から朝のお散歩ではグランドには行かず、家の周りを歩き回るけりん。
今朝のお散歩もけりんの行きたい方へどんどん歩いた。

途中、初めての道へと進んで行った。
すると、わんちゃんの吠える声が聞こえた。
網戸の向こうでビーグルが吠えている。
『ん?この富士額は…この車も見覚えあるし…』
「もしかして、モダンちゃん?」
「あら、けりんちゃん?」
モダンママが玄関から出てきてくれた。

モダンちゃんちだった。
で、けりんママは顔を洗っただけの状態で出てきたにもかかわらず、お言葉に甘えてお家に上がりこんだ。

木曜日からパパがいなくてお散歩に来ていなかったモダンちゃんにグランドが使えなくなったことを伝え、一緒に残念がり、けりんとモダンちゃんがひたすら遊ぶのを見、あっという間にお昼。
モダンママは午後からおでかけすると言っていたので慌てて退散した。
モダンママ、遅刻しなかったかなぁ。
2005年6月9日(木)  憩いの場が!
いつものように18時半頃お散歩のため九電のグランドに向かった。
トゥインキー(ジャックラッセル・男の子・4ヶ月?)に会い、一緒にグランドへ入ろうとしたら…
この時間正門は閉まっており、いつもは脇にあるフェンスと植え込みの隙間をカニ歩きで入る。
その隙間にパイロンが3つ並べられており、さらにはモモちゃん(ビーグル・女の子・7ヶ月?)が逃走防止用にもってきていた金網がしっかり止められていて行き止まりになっていた。
「これって入るなってこと?」
しばらく手前の駐車場で遊びながら様子を見ることにした。

駐車場で遊んでいると、モモちゃんがグランドへ逃走。
そこでモモパパが金網を取り外してグランドへ入りモモちゃんを追いかけた。
すると、警備員さんから入ってはダメだと注意されてしまった。
どうやら、グランドに犬を入れないよう苦情があったらしい。

ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック
わんちゃんたちの憩いの場がなくなってしまった!
以前はグランドではなく手前の駐車場で遊んでいたから、その経験があるけりんはまだいい。
でも、おてんばビーグルちゃんたちをはじめ、グランドでお散歩デビューしたわんちゃんたちは大問題!
ノーリードで思いっきり走れる場所を失ってしまった。

これからどうなるんだろう…
しばらく様子を見るしかない。
2005年6月5日(日)  チャーリーを預かった
朝9時にいつもの九電グランドに集合。リキちゃん
リキちゃんとピッピちゃんとでお散歩帰りにカフェへ行く予定にしていた。

今日はチャーリーを預かることにもなっていたのでグランドに連れてきてもらった。
チャーリーは立ち去るママの後を追うこともなくみんなと遊んだ。
赤い車が入ってきた時に自分ちの車かと思ってダーッと足り寄ったけど、すぐに違うことに気付きチャーリーはまた遊び始めた。ピッピちゃん

さんざんグランドで遊んだあと、近くのカフェへ。
けりんとチャーリーを一緒にリードで引くのは大変!
カフェでアイスクリームを食べたあと、ベベちゃん(黒のトイプー・女の子・6ヶ月)のお家がやっているドッググッズのショップへはしご。
でも今日は定休日(x_x;)
すると2Fからベベちゃんの声が聞こえた。
話しかけてみると、パパがベベちゃんをだっこして出てきてくれた。チャーリー
ごあいさつをしてまた歩き出した。
今度はマンションのオープンルーム。
不動産屋さんが「どうぞ」というので、みんなで見学。
わんちゃんは玄関でお留守番。
目の保養をして帰路についた。

家ではけりんとチャーリーが延々と遊び、ようやく疲れたところで二人とも爆睡。
ソファの上で遊ぶけりんとチャーリー
夕方、またグランドへお散歩。
今度はみんながノーリードのチャーリーを監視してくれた。

相変わらずボンちゃんの姿を見て固まり、けりんはず〜っとだっこされて運動にならないので、早めに切り上げまた家の中でけりんとチャーリーは遊んだ。
そこへチャーリーママがお迎えに来た。
預けられる時とは違い、お迎えに来たママを大歓迎したチャーリーだった。

チャーリーが帰ってしまいいじけたけりんは、ママの裾をかじかじしていたけれど、やはりかなり疲れたようで爆睡。
2005年5月21日(土)  おNEWのママチャリ
今日は夕方からコナママがフリーマーケットを出すというので行ってみた。
第一酒販の倉庫で夜市があり友人の誘いでコナちゃんをつれてフリーマーケット。
そこで、先日買ったママチャリにけりんを乗せて行った。
やっぱり、ハンドルとハンドルの間に乗せると安定して運転も楽!
今までは前のカゴに8kg。しかもけりんが立つから不安定で運転しづらかった。
これは快適♪快適♪

会場につくと、生バンドが騒音!
あまりにうるさかったのでコナちゃんを連れて出して近所を散歩した。
戻って来るとバンドも終わったので、フリーマーケットをのぞいた。
奥の方に300円で冷酒グラスを購入すると数種類の日本酒がタダで試飲できるコーナー発見♪
普段梅酒以外ほとんど飲まないパパは頑張った。

一度コナちゃんを家へ連れて帰りまた戻って夜までフリーマーケットだというので、コナちゃんを預かることにした。
パパとママとけりんは自転車だったためそのまま九電のグランドへ行き、コナちゃんは車で来た。
コナちゃんを送り届けたコナママはそのまま行ってしまったけど、コナちゃんはおかまいなし!
ま〜ったくママを見ず、寂しがりもせず、ボールをくわえて喜んで走り回っていた。
お散歩が終わりコナちゃんも連れて帰り…
しばらく我が家で遊んだけれど21時過ぎてママがお迎えに来た。
さすがに喜んだ!と言いたいけれど、ちょうど直前にガムをあげてカミカミしていたところだったので… ヽ(´・`)ノ
長いガムをちぎりながら食べるコナちゃん。
一方いつまでもクチャクチャかんでいるけりん。
もちろんコナちゃんの方が食べ終わるのが早く、早速帰り支度をして玄関に。
まだカミカミしているけりんをだっこして玄関にお見送り…
その時ポトッとガムを落とした!
すかさずコナちゃんが食いつき持ち逃げ!
結局それをくわえてしっぽ振りながら帰っ行った。
2005年5月20日(金)  バーベキュー
昼間コナママからメールが来た。コナちゃん
『今日はパパが遅いからごはんを一緒に食べよう!』
コナちゃんは物心ついてから外食をしたことがないらしい。
あの食べっぷりを考えると恐ろしくて連れて行けないとのこと。
そこで、まずは我が家のバーベキューに参加してみることにした。
ボンちゃん
いつものお散歩のあと、コナ母子とボン母子が来てバーベキュー。
コナちゃんは立ってテーブルの上のご馳走をクンクン。
そこでボンママがドッグフードを1粒ずつコナちゃんにあげた。
ボンママの下でおりこうにするコナちゃん。
これならドッグカフェデビューも近いかも!
2005年5月18日(水)  お留守番
朝パパのお友達から電話があり、今夜の『美女と野獣』のチケットを譲っていただけることになった。
そこでけりんは久しぶりのお留守番 ( ̄□ ̄;)

夕方のお散歩を早めに終わらせでかける準備をしていると、けりん兄から電話があり夜けりんの世話をしに来てくれることになった。

キャナルシティのシティ劇場で開場待ちしていると横に『無印良品』があったので覗いてみた。
すると、ハンドルとハンドルの間に子供を乗せるカゴのついたママチャリ発見!
じっくり検討…
いつまでも特製洗濯カゴじゃけりんもかわいそうなので、さっそく購入。
『美女と野獣』が終わったあとだとお店も閉店しているので、その場で買って劇場で預かってもらうことにした。

いざ開演!
一番前の席だったため、あまりに近すぎて…。
休憩時間の20時。
家に電話してみた。
誰も出ない。
「きっとけりん兄が散歩に連れて行ってくれてるんだよ(^.^)」
終了後食事をして帰宅。
パパは購入した自転車で、ママはタクシーで、それぞれ帰宅。

けりん兄いわく、その後用事ができたため家に来るのが少し遅れたらしい。
お散歩には行ったけどもう誰もいなかったって…
でも、玄関に用意していたお散歩バッグもリードも動かされた形跡がない…
ってことは、20時頃電話した時けりんはまだひとりっきり(゜ロ゜)ギョェ
さぞ、大きな電話のベルに驚いただろう!

パパより一足先に家に着いたママはタクシーをおりてすぐパパに電話した。
「家に入ったらけりんの様子を教えて」とパパは相変わらず心配症。
バスが停まっていたためちょっと離れた所でタクシーをおりたママはテケテケ家へ向かい鍵を開け…けりんの大歓迎を受け…一息ついてパパに電話。
タクシーおりてすぐの電話からこの報告電話まで数分。
パパはママが玄関前で「これから家に入る」という電話をしたかと思い、数秒後には報告電話が来るものと思い込んでいたらしく、なかなか報告電話がかかってこないものだから何かあったに違いないと判断。
家にたどりついたパパは門を開けて自転車をどうにかとめるとその場に倒れこんだ。
5分?10分?
まるで酔っ払いのように玄関先で倒れこんでいたパパがようやく家の中に入ってきた。
けりんに何かあったのだと思ったパパは立ちこぎをして猛スピードで帰ってきたらしい。

パパ、心筋梗塞治ってるんじゃない?
2005年5月12日(木)  AKIOくんとランチ
AKIOくん母子とティーライトでランチ。AKIOくん
今日はランチが500円の日。
(ティーライトは木曜日だけ生パスタのランチが500円!)
混雑をさけて1時半頃行き、運良くテラス席に座れた。
AKIOくんがママの椅子に座っているのを見て、いつもならひんやり地面に寝るけりんも椅子に座りたがった。

ランチ後、目の前の小さな公園に行き、それから今泉公園へ。
けりんは案内でもするかのようにそのままモカジャバカフェへ入っていった。
ということで、ここで食後のデザート(ミニパフェ)を食べた。

AKIOくんがP2で部分カットを予約していたので一緒に行った。レオン
ハーネスに大きく名前を刺繍していたけりんを見て店員さんから
「あなたがけりんくん?レオンくんと仲良しさんだって聞いてます。」
と声をかけられた。
AKIOくんのカットの間、警固公園と天神中央公園に行った。
P2に戻る時、けりんは自動ドアの前へ一目散。
すっかりP2の場所を覚えたみたい♪

カットの終わったあきおくんを迎え、帰路についた。

2人で歩いていると、通りがかりの人から「兄弟?」って聞かれた。
「いえ、こっちがプードルでこっちがシュナウザーです。」
やっぱりAKIOくんとけりんは似ているらしい♪

一度帰宅し、いつもの時間に九電へお散歩。
ビスコちゃん(イタリアン・グレーハウンドの女の子)がパパとママとで来ていたのでバーベキューに誘った。
ビスコちゃんとけりんはお家でも果てしなく遊んだ。
2005年5月3日(火)  西部運動公園のドッグラン
お昼前にけりんがお散歩へ行きたがったので、ちょっとのつもりでパパとママは出かけた。
コースはもちろんけりんの行きたい所。
くっついて歩いて行くと、わんちゃんOKの生パスタ屋さん「ティーライト」についた。
そしてけりんは動かなくなった。
えっ?
ここでお茶しろってこと?
パパとママはいくら持っているか相談し…
(歩き回って帰る予定だったのでお財布を持っていなかった)
結局ランチを食べた。

昨日チャーママと西部運動公園のドッグランの話になったので、メールしてみたチャーリー
お部屋の模様替えをしててチャーちゃんは部屋で暴れているということなので、一緒にドッグランへ行くことになった。

遊び慣れた場所ではとってもおてんばなチャーちゃんも、初めての場所ではちょっとおとなしかった。
それにしても、チャーママの運転で行ったのだけど、駐車場に入り車を停め始めるとそれまで後部座席でおりこうさんにしていたチャーちゃんが慌てて運転席のママの上へ。
置いて行かれまいとの行動らしい。
雰囲気でそこが駐車場というのがわかるらしい。
2005年5月1日(日)  シロアリ駆除最終日
今日は朝からシロアリ駆除。
1Fは居場所がないので、2Fに避難。
パパは臭いにガマンできず、ビリヤードへ出かけた。
夕方のお散歩までず〜っと2Fで過ごした。
けりんは、階下から聞こえる怪しい音が気になって仕方がなかった。
2005年4月30日(土)  連日のシロアリ駆除とバーベキュー
今日も夕方からシロアリ駆除。
途中でけりんとママはお散歩へ。
するとすぐにけりんパパから電話。
今日の作業はもう終わり。
そこでパパもお散歩に合流。

またまたボン母子とピッピ一家をバーベキューに誘った。
残念ながらピッピママは帰らないといけなかったので、今日はピッピちゃんとピッピ兄。

けりんもボンちゃんもピッピちゃんも仲良くおりこうさんにしていた。

さすがに今日は22時半頃お開きにした。
2005年4月29日(金)  シロアリ!
お昼すぎ、ママがお庭をいじっていると突然パパが出てきて「大地震が来る!」と叫んだ。
話を聞くと、お風呂場に虫が大量発生しているとのこと。
地震前の異常現象じゃないかとパパは言う。
『さっきお風呂掃除したばかりだから虫がいるはずはないのに…』と思いながら見に行くと羽アリがウヨウヨ ( ̄□ ̄;)!!
台所の勝手口とガスコンロ横の柱にもウジャウジャ!
『もしかして昨日バーベキューしたから煙でいぶされて出てきたのかナァ』なんて原因を考えながら、飛んでるやつもいるのでとりあえず殺虫剤をシューして掃除機で吸い込んだ。
じっくり観察すると、柱の小さな穴から一匹ずつ出てきている。
このままエンドレスに出てきても大変だから、さっそく不動産屋へ電話した。
すぐにサニックスが来た。
羽アリを見てもらうと、やまとシロアリという種類。
やまとシロアリは秒単位で同時刻に発生するから、今日は福岡県内の至るところで大発生して大忙しらしい。
さっそく体格のいいサニックスマンはフーフーいいながら床下に潜りチェックを始めた。
「うわ〜!」
「あちゃ〜!」
「ぎゃ〜!」
「うぉ〜!」
「なんじゃこりゃあ!」
ありとあらゆる感嘆詞が床下から聞こえてくる。
そしてサニックスマンはひっかかるお腹を引っ張りながら出てきた。
どうやらシロアリ被害は最終段階近くまで来ているらしい。
おまけに床下に換気口がないからカビだらけ。
さらには先日の地震で土台がずれている。

今考えると、台所の勝手口に向かってけりんはよく吠えていた。
『イタチでもいるのかなぁ』なんてのん気に思っていたけれど、シロアリの気配に気付いていたのかしら。
それにガス代横の柱。
数ヶ月前手をついたらメキメキってへこんだ。
2年位前にリフォームしたと聞いていたから、てっきりベニア板を貼り付けただけだからへこんだのかと思った。
そこはシロアリにやられて柱が空洞化したらしい。

結局、家全体を殺虫・防虫し、床下のカビを取って換気口を開け、土台を補強してもらうことにした。
サニックスマンはその場で会社に電話をし、県内出払って人が少ないけれど我が家は重症だからということで最優先して作業人を呼んでくれた。
夕方駆除作業開始。
パパは家に残り、けりんとママはお散歩に出かけた。

散歩途中でパパから電話。
今日の作業は終わったらしい。
ということで、ボン母子を誘って家に帰り、さっそくバーベキュー。
昨日ペコママから炭おこしを伝授されたボンママが炭の担当で無事着火。
ようやく食べようとしたときに、パパが「ピッピ兄も呼ぼう!」とと言い出した。ピッピちゃん
呼ぶならもっと早く呼べばいいのに…
けりんパパはいつもそう。
レストランで食事してても、料理が出てきてから「そうだ○○を呼ぼう」と言い出す。
そんな頃に呼んでも着いた時には食べ終わってるでしょうに。

とりあえず始め、満腹になりかけた頃ピッピ兄が到着。
ピッピちゃんを連れて出たけど途中でピッピちゃんが帰ると言い出したため、また連れて帰り再度ダッシュでやって来た。

夜中の0時半まで盛り上がった。
2005年4月28日(木)  お庭でバーベキュー
数日前から玄関アプローチとお庭を改造。レストランのテラスでランチ
玄関は玉砂利と飛石を置いて完了していたのであとはお庭。
そこで今日はトリアス久山に不足の品をお買い物。
テラスのあるレストランでランチ。
帰ってお庭を完成させた。

お散歩の帰りにボンちゃん母子とペコくん母子を誘った。お庭でバーベキュー
(初めてのお庭バーベキューなので試験的実施ということもあり大々的には招待できなかった。)
なんとペコママが炭おこしの名人!ペコくん
ボンちゃん
けりんもボンちゃんもペコくんもとってもおりこうさんにしていた。
2005年4月24日(日)  バースデープレゼント
『日曜日だし、今日は早めにお散歩に行った方がいいかなぁ…』
なんて思っていると玄関のチャイムが鳴った。
ペコくん母子が来た。
けりんの誕生日プレゼントをわざわざ届けてくれた。
プレゼントのくつしたをはいたけりん
あがってもらって、プレゼントをオープン。
くつした!
さっそくはかせてみた。
足首までは細く、膝上がフサフサ。
まるで地下足袋をはいた左官屋さんの足みたい。
とっても笑えた。

そしていつものように九電体育館にお散歩へでかけた。
久しぶりにアフガンハウンドのショーンくんとジェイムズくんが来ていた。
ビーグルのおてんば娘ボニーちゃんも随分久しぶり。
グランドで遊んでいると、またビーグルが…
今度はチャーリーだった。
今までビーグルが揃ったことがなかったけれど、今日は初のご対面。
けりんは交互に遊んでもらった。

夜10時頃、いつにもなくワンワン言い出し、パパがお散歩へ連れて出た。
そしてすぐに留守番していたママに電話。
『ボンと会ったからこれから一緒に帰るよ』
実家に行っていたボンちゃんが帰りにグランドへ寄ったらけりんと会ったらしい。

何が不満なのか、ボンちゃんが帰ったあともまたワンワン言い出したから、またパパはけりんを連れてお散歩へ行った。
2005年4月21日(木)  ボンちゃんとピッピちゃんが遊びに来た
今日はピッピちゃんママの誕生日。
お散歩の帰りにピッピちゃんお兄ちゃんが16区でケーキを受け取らなきゃいけないというので、道案内のため、けりんとボンちゃんもついて言った。
帰り、ボンちゃん母子とピッピちゃんとピッピちゃんお兄ちゃんが遊びに来た。
さすがに、ゴールデンのピッピちゃんが家の中を歩き回ると部屋がとても狭く思えた。
そのうちピッピちゃんママがお友達と仕事帰りに寄り、なお人口密度があがった。
2005年4月20日(水)  震度5強の余震
前日のドライブで帰ったのが夜中の1時。
そして寝たのが4時頃。

激しい揺れで目が覚め「何?何?」と思っていると、階下から「こっちは大丈夫だよ!」とパパの声。
時計を見るとまだ6時過ぎ。

ママは2階のベッドで寝ていたけど、パパとけりんは1階のこたつで寝ていた。
揺れがおさまり下へ降りていきテレビを見ると震度5強。

しばらくこたつに入ってけりんをだっこし、テレビで地震の速報を見ていたけど、ずっとそうしているわけにもいかずけりんをおろした。
するとけりんは2階へ上がっていき、パソコンラックの下で寝た。
一応家の中をチェックしてまわり、ガスが止まってないか確認。
するとけりんが下に下りたがったので、2階に迎えに行き下ろしてあげた。
今度はビリヤード台の下で寝始めた。
何かの下にいる方が安全だと思ったのか…

その後余震がくるたびにけりんは立ち上がってキョロキョロした。

3月の大地震では揺れ始めてすぐにだっこしたからあまり地震の衝撃がなかったけりんも、今回は体感してしまったのか余震に少しは敏感になったようだ。
2005年4月19日(火)  ドライブ
今日も車でお散歩に登場!ボンちゃん

お散歩終了後、ボンちゃん母子を乗せてわんちゃんOKの「ティー・ライト」に行き食事。
相変わらずボンちゃんは車の中でウロウロ、ドタバタ、ヒィーンヒィーン。
ボンママはやっぱりボンちゃんが車嫌いなのではないかと言うけれど、けりんパパとママはぜ〜ったいに車大好きなのだと分析している。

ティー・ライトでおいしいパスタを食べている間、けりんもボンちゃんもおりこうにしていた。

食後、24時間オープンしている新宮町の「トライアル」へ。
車の中にけりんパパとけりんとボンちゃんを残し、ママたちはお買い物。
「何かあったらすぐに電話して下さいね!」
と車にボンちゃんを残していくのが心配そうなボンママ。
でも、ボンママの予想に反してボンちゃんはおとなしく寝て待っていた。

ママたちのお買い物が終わったら今度はパパがひとりで店内に入っていった。
やっぱり車の中でお留守番中のボンちゃんはおとなしい。
けりんはいつもおとなしいけど、ボンちゃんがいることでますます固まっていた。

帰りにパパが新宮温泉に入り、無事帰宅。

道中車内では激しく動き回るボンちゃんとボンママのバトルが続いていたけれど、送り届けるとボンちゃんは車からなかなか降りたがらなかった。
やっぱりボンちゃんは車が大好きなんだろう。
2005年4月16日(土)  けりんの誕生日
今日はけりんの2歳の誕生日。
天気もよかったので、でかけた。
と言っても、おでかけ先はけりんとは関係のない「ナフコ」。
玄関アプローチのコンクリートにペンキを塗ろう!とパパが言い出したので、さっそくペンキを買いに行ったのだ。

わんちゃん用の買い物カートにけりんを乗せてお買い物。
色を選び…
でも、やっぱり地面にペンキを塗るのは難しいし、剥げるのでは?
そこでいろいろと見てまわり、玉砂利を敷いて飛石を置くことにした。
15kg入の玉砂利を15袋、5kgはありそうな飛石を12個。
トランクと後部座席に積み、シャコタンになりながらお散歩場所の九電体育館へ向かった。ボンちゃん
途中、ボンママから電話があった。
「けりんちゃんのプレゼントを玄関に置いておきます。」

九電体育館につくと、ボンちゃんをはじめいつものわんちゃんが勢ぞろい。
みんなからお祝いを言ってもらった。

お散歩の帰り、「らるきぃ」での食事にボン母子を誘った。
車のドアを開けると、ボンちゃんはすぐに飛び乗った。
「な〜んだ、やっぱりボンちゃんは車が好きなんだ!」
パパとママが口を揃えていうと、
「いつも自分から乗るくせに、クヒーン、クヒーンって泣きながら暴れるんです!」
とボンママ。

車には玉砂利と飛石が乗っているから、これらを下ろさないとボン母子は乗れない。
ということで、ボンママに下ろすのを手伝ってもらった。

それから「らるきぃ」へ向かった。
快適に乗る助手席のけりんとけりんママとは正反対に、後部座席のボンちゃんとボンママはジタバタ。
ボンちゃんはクヒーン、クヒーン泣きながら、後部座席を行ったり来たり、前に乗り出したり、助手席のけりんママにパンチをくらわせたり…
無事「らるきぃ」に到着し、チーズトーストをもらい、ボンちゃんはとってもおりこうさんにしていた。
そして、食事中にけりんママは気が着いた。
「そういえば、ボンちゃんは胸元をなでたら気持ちよくてクヒーンって言うから、車に乗った時も気持ちが良くてクヒーンって言ってるんじゃないかなぁ。車が楽しいから車内ではしゃいでるんじゃないかな。」

そして帰りはボンちゃんをひとりで助手席に乗せてみることにした。
しばらくじっとしていたかと思ったけれど、やっぱりウロウロ、クヒーンクヒーン。
運転席にまで突入。
あわてて後部座席からリードを引っ張る。
どうにかボンちゃんちまで送り届けた。

家に帰ると、玄関にプレゼントが置いてあった。
何も書いていない。大五郎くん
もちろん、けりんへの誕生日プレゼントだけれど、誰からだろう…
誰からかわからず、一夜が明けた。
翌日、大五郎パパから電話があり、22時頃お散歩がてらに行ってみたけど留守だったから置いてきた…ということだった。
2005年4月8日(金)  お出かけ
雲行きが怪しくなってきたので、雨が降らないうちに午後からお散歩へでかけたモカ・ジャバ・カフェで食事♪
遅めのランチのためモカ・ジャバ・カフェへ。
目の前の今泉公園は桜が満開できれいだった。
食事中、けりんはママに抱っこされ、あごをテーブルに乗せ、寝ていた。
全然食べ物を欲しがらないけりんだったから、ゆっくり食事ができた。

一度帰り、18時過ぎになってからいつもの九電体育館へお散歩へ行った。
着くと、玄界島から避難しているピーちゃん(ポメラニアンとシーズーのミックス・女の子)とピーちゃんお姉ちゃんがお出迎え。
ピーちゃんお姉ちゃんは、『夕方のお散歩でけりんに会えないと1日が終わらない』というくらい、けりんのことを気に入ってくれている。

最近は、玄界島から避難中のわんちゃんもお散歩に出てくるようになり、九電体育館でのお散歩はますますわんちゃんが増えた。
でも、玄界島のわんちゃんは、わんちゃん同士の交流がないからわんちゃん苦手さんばっかり。
少〜しずつみんなに馴れていっている。

2005年4月6日(水)  動物病院
急に暖かくなり昨日も蚊を発見したので、早くフィラリアの薬がほしいなぁと思いつつ、薬を買いに病院へ行った時にはついでに狂犬病の予防接種もしようと計画していた矢先、昨日のお散歩が大満足だったけりんは今日のお散歩はほどほどでいいし、夕方から雨が降りそうだからお友達にも会えそうにないし、ということで、今日が絶好のチャンスだと思い病院へ連れて行った。

以前爪切りなどをしてもらったのを覚えているのか、けりんは病院へ入るなり固まった。
ママに抱っこされ、肩までよじのぼった。
しばらく待って、まずは体重測定。
できるだけ軽く…と思い、ハーネスをはずし、首輪だけにした。
8.1キロ。
(゜ロ゜)ギョェ
『やや肥満』に○をつけられた。
そして予防接種。
ママが近づくとしがみついてくるので、少し距離を置き、診察台の上で固まったけりんはおとなしく注射された。
それから血液検査。
異常はなく、フィラリアにも感染していなかった。
耳の手入れと爪切りをしてもらい、おしりしぼりはほとんど出なく、無事終了。

けりんパパに電話をし、体重が8.1キロだったことを伝えた。
「病院なんて重めにしてるだけだろうから大丈夫だよ」レオン
ほんとかなぁ…

のんびり歩きながら帰り、九電体育館へ行って見た。
小雨がパラついていたから誰もいないかと思ったら、結構集まっていた。
大好きなレオンもいたけれど、激しい運動はできないからほとんど抱っこされていた。
レオンママに体重のことを話すと、「あそこは少し軽めに表示されるみたいよ。レオンがあそこで計ったあとよそのペットショップで計ったら200〜300g重かったもん。」
工エエェェ(゚ロ゚)ェェエエ工

さっそくけりんパパに電話で報告。
「大丈夫だってぇ!」

昨日のお散歩+病院での緊張+注射でよほど疲れたのだろう。
けりんは家に帰るなり爆睡した。

そしてパパがビリヤードから戻るなり、けりんを抱っこして体重計へ。
二人の体重からパパの体重を引くと…
7.8キロ。
「ほらねぇ。」とパパ。
ちょっとホッとした。
でも、1月に病院で計ったら7.6キロ。
そして今日同じ病院で8.1キロ。
いずれにしても3ヶ月で500g増えたことに間違いはない。
さっそく今日から『おやつ禁止令』発令!

2005年4月5日(火)  お花見
メイちゃん あまりに天気がよかったので、またパパが出かけたがった。
『そろそろ桜がいいかも?』
ということで、福岡市動物園のところにある南公園へ行った。

駐車場を過ぎたところで、メイちゃんとママと赤ちゃんに会った。
ベビーカーを押し、すばっしっこく動き回るメイちゃんのリードを引くママはすごい!

そして桜並木を登っていくと、わんちゃんたちの賑やかな声&おじ様おば様の大きなおしゃべり声が聞こえてきた。
『もしかして…』
予想は的中!
やっぱり4時組(九電体育館に4時に散歩へ来る方々)だった。
そこで飛び入り参加。
ちょうどお弁当も余っていたし、一人2,000円。

直射日光が暑く、ずっとママが壁となってけりんに日陰をつくっていた。
ほろ酔い気分のマイキーパパは、マイキーに鶏の唐揚げや炊き込み御飯やおつまマイキーみのアーモンドなどをあげていた。
すぐうしろにいたけりんは要注意!
案の定、けりんにもアーモンドをくれ…
ママは慌ててアーモンドを取り上げ…
でもせっかくの好意だし…
アーモンドを水洗いして塩を落とし、けりんにあげてみた。
幸いにもけりんは食べなかった。
マイキーパパが見てないうちに捨てた。

向こうの方にダックス発見♪
明明(みんみん)くんという6ヶ月位の男の子。
ママは台湾の方。
けりんと激しく遊んでくれた。
コナちゃん
4時組が帰り、明明くんも帰り、けりん一家だけになった。
と思ったら、偶然にもあっちからコナちゃんがやってきた。
もちろんコナちゃんとバトル勃発。

しばらくコナちゃんと遊んだあと、けりんは九電体育館へはしごした。

12時〜20時までお散歩したけりんは帰って『バタンキュー』だった。

2005年4月1日(金)  ボンちゃんとペコくんが遊びに来た
お散歩の帰りにボンちゃん母子とペコくん母子が遊びに来た。ボンちゃん
お散歩ではチャーちゃんとコナちゃんと続けてバトルをし、疲れてるはずのけりんも、ペコくんに負けるわけにはいかず、家の中でペコくんと戦った。
そんな中ペコママの携帯が鳴り…
「彼氏も呼んでいいですか?」
ということで、にぎやかな鍋になった。
ペコくん
けりんはボンちゃんがちょっと苦手。
ボンちゃんはペコくんがちょっと苦手。
ペコくんはこわいものなし。
微妙な緊張感があったのか、なかったのか。
ほとんどけりんとペコくんがバトルをし、ボンちゃんはひとり遊びをしていた。

そこでペコママの以外な趣味を発見!
耳を匂うのが好きらしい。
けりんの耳もかがせると…
垂れ耳はたまらん!らしい。
『フレッシュ』な香りと表現していた。
ボンちゃんの耳は『ひなたぼっこ』の匂い。
まるでソムリエ!

肉球を嗅ぐのも好きらしいので、今度ぜひビーちゃんの足をかいでみるようお薦めした。

2005年3月31日(木)  車
我が家は『わ組の人』。
『わ組の人』とは、車を持たずにレンタカー(わナンバー)を楽しむ人たちのこと…ボンちゃんと新聞に書かれていた。
昨日からレンタカーを借りていたので、今日のお散歩ではボンちゃんの車嫌いを克服しようと乗せてみた。
ボンママの話では、ボンちゃんは車に乗ると「クーン、クーン」と言ってみたり、運転手をどつきまわしたりして暴れるらしい。
でも…ビーちゃん(ビアンコちゃん)
車好きなビーちゃんがビーママと助手席に乗り、ボンちゃんとボンママが後部座席に乗り、九電体育館の駐車場内をとってもゆっくり走行しても、ボンちゃんは窓から顔を出してとても気持ちよさそうに乗っていた。
ボンママは「うそ〜!いっつもこんなおりこうじゃないー!これじゃぁ私が『おおげさ子』じゃん!」って言っていた。
お散歩の帰り、ボンちゃん母子を誘って食事へ。
ボンちゃん初めてのわんちゃんOKなモカ・ジャバ・カフェ。
ボンママもちょっと緊張?
でも、ボンちゃんはとってもおりこうさんで、まるで介助犬のようにボンママの脇にじっとしていた。
帰り、車の中でボンちゃんはボンママが言っていたような状態になりつつあった。
後部座席から前に乗り出してきたり、窓から顔と手を出してもがいてみたり、「ヒー、ヒー」って言ってみたり。
自分は動いていないのに周りの景色が動いているのがダメなのかなぁ。
車に乗ると楽しいところへ行ける!って思って車が好きになってくれるといいな。
後部座席でボンちゃんを押さえていたボンママは、おそらく体中アザだらけ!?

2005年3月24日(木)〜28日(月)  湯布院
大分県の挟間町でパパの仕事があったので、その前後湯布院に帰った。

★24日(木)★★
夜、いつものように高速バスで湯布院へ。
雪で通行止めだったため、途中の玖珠インターからは下道を行った。
玖珠インターからおりてほどなく渋滞。
ぜ〜んぜん動かない!
暖房が熱く、窓を開けると、車から降りて歩道を歩く人や車を止めてチェーンを巻く人のあやしい影、そしてその人たちのあやしい声。
けりんはそれらに反応し、『グフッ、グフッ』とのどの奥の方で小さくうなる。
「大丈夫よ〜。あやしくないよ〜。人間よ〜。」とママはあやし続けた。
しばらくあやしているうちにようやく動き出した。
ノーマルタイヤの車がゆるい上り坂をのぼれず道をふさいでいたらしい。
1時間半近く遅れて湯布院に到着した。

★★25日(金)★★
いつもお昼頃まで寝ているけりんも、湯布院に来ると早起き。
まだ雪が残る中朝散にでかけた。
昨夜の雪&渋滞が夢の中の出来事のように思えるほどの快晴。
午後からはパパが隣の挟間町でTVロケだったのでママとけりんも一緒に行った。
仕事中は車の中でお留守番。

★★26日(土)★★
朝散でママのママがお勤めしているパン屋へ。
お店の前でしばらく『看板犬』をした。
それから前回知り合ったほたるちゃんちへ行き再会。
思いっきり遊んだ。
午後からは、近所に土日だけやってるドッグカフェがOPENしたと聞いたので行ってみた。温泉につかる
すると温泉の家族風呂があり、わんちゃんも一緒に入れるとのこと。
もちろん、パパはけりんと入った。
けりんが湯船につかるのは初めて。
パパいわく「嫌がってなかったから温泉が気に入ったみたい♪」
でもママの見解は『怖くてかたまってたから動けなかった』だけだと思う。
お風呂からあがると、ジャックラッセルの女の子が3人来ていた。
Cafeの店内はとっても広いのでみんなで走り回って遊んだ。
夜荷物を下ろそうと車のドアを開けると、伸縮性のリードがドアに挟まっていたらしく先がちぎれていた。
残ったリードをのばしてみても50cmくらいしか残っていない。
まだ買って間もないリードだっただけに…残念!

★★27日(日)★★リードは荷造りひも朝お散歩へ行くにもリードがない。
そこで、荷造りひもで行くことにした。
さすがに荷造りひもでははずかしいので、早々とお散歩を切り上げるつもりが、ほたるちゃんちに行ってしまった。
小雨まじりの天気の中、ほたるちゃんと激しく遊んだけりんはドロだらけ。
さらにリード代わりの荷造りひもは裂けて3本にも4本にもなって…
帰りは、どこかの迷子犬を捕まえて歩いているかのような状態だった。こころちゃん
帰るとさっそくお風呂。
いつもは足を洗うのは平気なけりんも、昨日湯船に入れられたことを覚えているのか、我が家の岩風呂を見ると奥の方へ逃げてしまった。
きれいになったところで、またドッグカフェのJ's kitchenへ行った。
するとスタッフのわんちゃんがいた。ラッキーちゃん
フレンチブルドッグのこころちゃんとブルテリアのラッキーちゃん。
男の人には近づかないというココロちゃんはず〜っとけりんパパに抱っこされ、ラッキーちゃんはけりんに乗ろうとくっついてまわっていた。
それからママのお友達がしている喫茶店へはしご。
いつも2Fで寝ているゴールデンのラブちゃんを連れてきてくれた。
元気よく遊びたがるラブちゃんにけりんはタジタジだった。ラブちゃん
夜は食事にでかけたのでけりんはお家でお留守番。
なれない家なので、居間を締め切ってそこへ置いて出かけた。
帰ってみると、なんと玄関にいた!
居間のガラス戸を自分で開けたようだ。

★★28日(月)★★
川原へお散歩。
今日のリードは、ママのお散歩バッグのショルダーひも。
荷造りひもよりはマシだけど、幅が5cm位ある“きしめん”(大分では“やせうま”リードもはショルダーバッグのひも)状のリードはやはり変!
まずはガチョウのホワイトにパンをあげた。
それからリードをはずして川原を走り…
パパが「放しても大丈夫?」と不安げ。
「ここならせいぜいあの白さぎを追いかけて川に落ちる程度だから大丈夫でしょう」と応えるママ。
そして岩に上がって川の流れを見つめるけりん。
まさか…と思っていたら、けりんはダイブした。
そして流され…
慌てたママはスニーカーのまま川に入りけりんをキャッチして引き上げた。
体はずぶ濡れでちっちゃくなったけりんの頭はいつものふわふわ大きいまま。
妙な格好のけりんは幅太のリードに引かれお家に向かって歩く。
その姿はやはり昨日と同様迷子犬を拾って歩いているように見えたに違いない。
午後、高速バスに乗って福岡へ戻った。

2005年3月21日(月)  AKIOくんを預かった
今日はAKIOくんのパパとママの結婚式。AKIOくん
そこで朝からあきおくんを預かった。

お寝坊のけりんがまだ寝ている中AKIOくんが来た。
けりんは半分眠気まなこ。
そしてAKIOくんに気付くと、ベッドで寝ているパパの上でakioくんを追い掛け回した。
もちろんけりんパパはふたりから踏まれまくり!

AKIOくんはとっても甘えん坊さん。
けりんママがこたつに座るとすぐにチョコンとママの上に座った。
けりんパパが起きてくると今度はAKIOくんはパパの元へ。

今までたくさんのわんちゃんが遊びにきて、どのわんちゃんにもパパやママにべったりすると必ずヤキモチを焼いていたけりんだけど、AKIOくんがパパやママに甘えてもお構いなし。
全然興味のなかったおもちゃでも他のわんちゃんが遊び始めたら必ず取り返していたけりんだけど、AKIOくんがいろんなおもちゃで遊んでもお構いなし。
色合いが似てるし、けりんより小さいし…
本当に弟と思っているのかな。

おりこうさんな兄けりんとかわいい弟AKIOの誕生♪

2005年3月20日(日)  続き
夕方のお散歩、いつもの時間にいつもの九電体育館へ行った。
今回の地震で一番被害の大きかった玄界島の方々の避難所になったので、緊急車両がサイレンを鳴らしながら島の方々を搬送してきたり、その様子を報道陣が中継したり…物々しい雰囲気だった。
そんな中、のんきにお散歩なんてしていていいのかしら…ってちょっと気が引けた。
お散歩仲間の中にも、食器棚が倒れて食器が割れたり、テレビが落ちてきたり、マンションが断水になったり、大変なところもあった。
それに比べれば、我が家は被害が少なかった。

2005年3月20日(日)  福岡西方沖地震
天気がいいからお昼頃までちょっとでかけよう!
ということになり、朝起きてバタバタ用意を始めた。
(といっても、朝が遅いけりん一家はいたってスローペース!)
パパはお風呂からあがり真っ裸。
ママは2Fでけりんのカット&ブラッシング。

グラグラッ!
『あれっ、今日は日曜なのに前の道路は工事してるんだっけ?』
(けりん家は古いから近所で工事があると窓ガラスは震えるし、地響きがする。)
グラグラグラッ!
『あー、これ地震だぁ!』
よく見ると、頭上にはパソコンやテレビやFAX電話…
ここじゃまずい!と思い、けりんを抱いて何もない所へ避難した。
階下からは「大丈夫?」と真っ裸のパパ。
「こっちは大丈夫よ」
それでも、足はガクガク、心臓はドキドキ。
しばらくしておさまったので、さっそく1Fへ下りテレビを見た。
震度6弱(゜ロ゜)
やっぱり〜、激しかった。
さっそくお友達から心配のメールがたくさん届いた。
ママの姉からも電話がかかってきた。
近所では非常ベルが鳴り、救急車や消防車のサイレン…

家の中をチェックしてみると、本棚が倒れて中のビデオテープが散乱。
大きい被害はその程度で、あとは他の棚に飾っていた置物が落ちる程度。
幸い、けがや壊れた物などはなかった。

そこへけりん兄が登場。
さっきパパが電話したけれど留守電だったから、おそらく仕事なんだろうと思っていたら、ちょうど出かけるところだったから寄ってみたとのこと。
マンションの10Fに住んでいるけりん兄は、玄関のドアがゆがんで出られなくならないようにとまずドアを開けたらしい。
その時ドアチェーンで指を切ってしまった。
そして、靴箱の上には初めて作った力作の博多人形を飾っていたのだけれど、落ちて無残にも粉々に壊れてしまったそうである。
「博多人形が僕の代わりになってくれたと思えば…」とけりん兄は言っていたけれど、処女作品だっただけに残念である。
そして兄は出かけて行った。

古い家の中にいるよりも外の方が安全だろうということで、急いで出かけた。
小笹北公園を通りかかると桜が咲いているのが見えた。
そこで、車を止めてしばしお花見。
すぐ近くの小笹中央公園へ場所を移すと、近所の家族らしき一家がラジオをつけてお昼を食べていた。やっぱり避難してきたのかな?

車で通った所はたいした被害もなさそうだった地震だけれど、帰宅してテレビを見ると結構被害の大きかった所もあった。
そして体に感じる余震も40回と報道している。
急いで、階段下の収納スペースの奥にしまってあった避難グッズを取り出し、身の回りのものをちょっとまとめて、玄関へ置いた。

2005年3月19日(土)  海ノ中道海浜公園
出かけたがり屋のパパは、今日の快晴を見てまた出かけたがった。海の中道海浜公園
そこで、今日は海の中道海浜公園へ行った。
ちょうど今日からフラワーフェスタが始まっていた。

その後、志賀島の手前の海辺で遊び、今度は古賀へ。
けりんを車の中に残し焼肉。

帰りはいつものように新宮温泉。
パパは、少しでも顔色が良く見えるようにと、日焼けマシンまでした。

2005年3月16日(水)  ドッグラン
とても天気がよかったので、冬眠から目覚めたパパが出かけたがった。
そこで、西部運動公園にできたドッグランに行った。
平日の昼間だったけど、わんちゃんは多かった。
けりんは始め、犬見知りをしたのか、ちょっと控え目。
そのうち場に慣れてきたら本領発揮。
仲良しさんを見つけて遊んだ。

帰りに小戸公園に寄った。
波打ち際でかもめを追いかけ海に入ってしまった。

2005年3月5日(土)〜8日(火)  湯布院
6日にママの弟の結婚式があるため湯布院へ。
バスの中では初めてず〜っとバッグの中に入っていた。
湯布院に着くと辻馬車が来た。
バッグの中にいても馬の気配がわかるのか、吠えた。
帰りのバスは一番うしろの席だったので、バッグから出し、座席の上で寝ていた。

2005年2月4日(金)  ボンママの翻訳
お散歩帰りにボン母子がけりん家へはしご。ボンちゃん
昨日もボンママは鍋を食べて帰ったものだから、2日連チャンは気が引けるし仕事が残ってるし…と遠慮気味。
今日はけりんパパから「ボンママなら『ロッカーズ』の博多弁が聞き取れるだろうからお願い!」とメッセージがあったので、ムリヤリ連れて帰った。
ボンママも『翻訳』に使命感を持ってくれたみたいで来てくれた。

『ロッカーズ』のセリフに聞き取れない博多弁があるけりんパパは、何度見てもわからないところが気になって仕方がなかった。
ママもお手伝いするけれど、なんとなく言っている意味はわかっても一字一句紙に書き出すことまではできない。
大分弁ならわかるのに(x_x;)

早送りしながら、何と言っているかわからなかった場面で止めて再生。
BGMが大きすぎてセリフが聞こえなかったり、早口で聞き取れなかったり…
でもボンママの協力のもと、けりんパパも納得できたみたい♪
まだ『ロッカーズ』を見てなかったボンママ、ありがとう!

そうこうするうちにピザが届き、やっぱり食べて帰った(^_^)

寒さのためお散歩に行けないけりんパパはみんなが遊びに来るのをとっても喜ぶ。
皆さんも遊びに来てあげてね〜!

それにしても、ボンママはなぜかけりんパパと話が合う。
固有名詞を出しても通じる。
年代はかなり違うハズなのに…

2005年1月31日(月)  チャーリーとakioくんが遊びに来た
チャーリー午後チャーリーお姉ちゃん(高校生)からメールが入り、『これから遊びに行ってもいいですか?』
ということで、チャーちゃんとお姉ちゃんが遊びに来た。
まずは九電体育館で待ち合わせた。今年初の顔合わせ。
思いっきり走りまわって、バトルして…
最近の若者は薄着!見てる方が寒い!
と思ったら本人も寒かったらしい(^.^)
チャーリーお姉ちゃんが寒さに震えだしたのでけりん家へ移動。
家の中でもチャーちゃんとけりんの大バトルは続いた。
チャーリーお姉ちゃんとけりんパパは仲良くこたつに入って『ロッカーズ』のDVDを見始めた。
『ロッカーズ』はパパの最近のお気に入りで、毎日のように見ている。

そこへまた「ピンポ〜ン!」あきおくん
玄関を開けると、akioママがakioくんをだっこして立っていた。
akioくんはグレーのトイ・プードルで、色合いがけりんによく似ている。
ちょっと怖がりさん。
さっそく中に入って、akio母子初けりん家。
チャーちゃんとけりんの激しいバトルにakioくんはタジタジでママに逃げ込む。
不本意にもママから下ろされると、仕方なく隠れる場所を探す。
するとその動きがうさぎに見えるのか、チャーちゃんがものすごい勢いで追いかける。
けりんと激しく遊んでは、すきを見てakioくんを襲う。

しばらくしてチャーリーママがお迎えに来た。
そうして嵐のようにチャーちゃんは去って行った。

平穏な時間…
ようやくakioくんもけりん家を探検しだした。
『akioくん、普段のけりん家はこんなに静かなんだからね。さっきの嵐はほんとにめずらしいんだからね♪』

akioママとも話がはずみ、「パパがそろそろ帰ってくるから…」とご帰宅。
あとでメールが来た。
『帰ってからスッピンに気付きました』
えっ?お化粧してたつもりだったのねぇ(◎-◎)

2005年1月29日(土)  パパが救急車で…
夜11時頃、けりんパパがビリヤードから帰ってきた。
いつもなら「ただいま〜!」と元気よく戻るパパの様子が変。
パパも自分で「頭が変!」と言う。
すると、声は出るけど言葉がうまくしゃべれない。
ベッドに横になってしゃべってみるけど、単語が思い出せなかったり、文章になってなかったり、ママがひとことずつゆっくり話さないとこっちの話も理解できない。
うまくしゃべれないからと、字を書いてみることにした。
『○丁目○番○号』を『○番○丁目○号』と書いてみたり、『脳梗塞』を『梗脳塞』と書いたり、『愛してる』も『愛してする』と書き、どこがおかしいか自分ではわからない。
ママの名前を書くのに『恵』が思い出せず、「“めぐみ”っていう字」と説明してもピンとこず、「“恵比須様”の“恵”」と言っても「恵比須って何?」
…失語症?

後からわかったことだけれど、ビリヤードをしていたら万年頭痛がさらに激しく痛み、めまいがしたため急いで帰ってきたとのこと。
が、タクシーに乗っても家まで説明できない。
通りの名前や目印の交番の名前が思い出せない。
結局、指を指しながら「あっち、そっち・・・」と指示してたどり着いたらしい。

けりん兄に電話をすると、翌朝来てけりんの散歩をしてくれると言うので、安心して救急車を呼ぶことにした。
救急隊員が3人、ヘルメットにマスク姿で入って来た。
来客には吠えたことのないけりんが、この異様な格好の3人にうるさいほど吠えかかった。
興奮するけりんを置いて救急車に乗り込んだ。

検査の結果、以前とは違う所が脳梗塞になったらしい。
病院が嫌いなけりんパパはもちろん入院を断わり、そのまま帰宅した。
家に戻るとけりんの激しい大歓迎ぶり。
パパの言葉も少しずつよくなってきた。
翌朝一番にけりん兄に電話をし、けりんの散歩を断わった。

2005年1月25日(火)  ショックからの復活?
午後けりん兄が来てべったりだっこ。
一昨日のアクシデント以来、ますます甘えっ子になったみたい。

夕方お散歩に行きたがったので、雨があがっている間を見計らって出発。
ラブラドールの女の子と遭遇。
しっぽをブンブン振って飼主さんを引っ張ってけりんに近づいてきた。
けりんはちょっと尻込み。
ママの後ろに隠れながら ワンッ!ワンッ!
しばらくすると鼻と鼻を近づけてごあいさつ。
以前会ったことがあるのを思い出したかな?

帰宅後、さつまいもでコーティングしたドッグフードを食べた。

この様子だと、あのアクシデントはもう大丈夫かな。

2005年1月24日(月)  昨日のショック?
けりんは1日中寝ていた。
散歩(トイレ)にも行きたがらない。
昨日襲われたショックからか、はしごして疲れたからか…
気のせいか元気もないようだし、朝から何も食べてない。

夜中や明け方になって散歩に行きたがられても困るので、パパがビリヤードから戻った夜11時頃連れ出した。
九電体育館の周りを1周しトイレも無事終了。
そのまま帰宅してまた寝た。

2005年1月23日(日)  天神中央公園で
久しぶりに天神中央公園へ行った。
公園に入ってリードをはずすと、けりんは向こうにいるお友達の輪へ走って行った。
ママも後を追って小走り。
たどりついて他のママたちにあいさつを始めた途端…
ギャン、ギャン、キャン、キャン…
けりんが中型サイズのわんちゃんに馬乗りされ噛み付かれていた。
慌てて走り寄りだっこした。
けりんは肩の上までよじ登り興奮状態。
落ち着いたところでけががないかチェックすると無事だった。
聞くところによると、襲ってきたわんちゃんは生理中だったらしく、けりんがおしりをにおいに行ったところだったらしい。
今まで何度も会ったことがあり、もちろんそれまで仲が悪かったわけでもなかったのでビックリ!
しかも、そのわんちゃんは今まで男の子と思っていた…女の子だったのかぁ。

そのわんちゃんが帰ってから、けりんはダイちゃん(ワイヤーダックス・男の子)とウップンをはらすかのように激しく遊んだ。
レオンコナちゃん
その後九電体育館へはしご。
コナちゃんといつものように追いかけっこをして戦い、レオンと般若バトル。

元気だったから安心した。

2005年1月17日(月)〜20日(木)  沖縄旅行でお留守番
連日の寒さでパパの体調がすぐれなかったので、急遽暖かい沖縄へ行ってきた。
留守の間は、けりん兄が来てけりんの面倒をみてくれた。
後日、お散歩の様子を他の飼主さんから聞くと、どうやらけりんはあまり兄の足元から離れなかったらしい。
そして、他のわんちゃんが兄に近づいたら、パパやママの時と同じようにヤキモチを焼いていたとのこと。
沖縄から戻った時は相変わらずの大歓迎ぶりだった。

2005年1月4日(火)〜8日(土)  湯布院
ママと高速バスに乗って実家の湯布院へ行った。

人力車に遭遇するのは久しぶりだったので、ちょっと吠えた。
ほたるちゃん
お散歩途中に通りかかった家の玄関先につながれていたほたるちゃん(ミックス・8ヶ月・女の子)とお友達になり、激しく遊んだ。
湯布院のわんちゃんはお散歩で知り合ってもみんなモクモクと歩くだけで、飼主さんも「他のわんちゃんと遊ばせたことがないから…」って、けりんが近づいても引っ張って去ってしまう。
しっぽをブンブン振りまくって明らかに喜んでけりんに近づいてくるわんちゃんでさえ、「うちのは吠えるから…」って、やっぱり無理矢理引っ張っていく。
だから、湯布院に来てもけりんのお散歩はただ歩くだけだった。
そこへほたるちゃんと知り合ったからけりんは大喜び♪
これで、湯布院に来ても楽しみができた。

2005年1月1日(土)  けりんの年越し
寝て年越し 年越しは、お家のこたつで丸くなって寝ていた。


このページのトップへ