本文へジャンプ
 
 




けりんの出来事を紹介しています。


2013年


2013年2月28(木)
引っ越し


パパとママとで担っていた1日3〜4回のけりんの散歩、1日2回の定時の食事とインスリン注射。
パパが亡くなった直後は、連休と年末年始の休みを利用して千葉に住むママの姉が、年が明けてからは湯布院に住む母が大半を手伝いに来てくれた。
そして、ピンチヒッターとして北九州に住む友人も何度もけりんの面倒を見に来てくれた。
しかし、これからずっと手伝ってもらうわけにはいかない。
しかも、けりんが物心ついてから約9年、めったにお留守番をさせたこともなかったけど、けりんとママの2人暮らしになるとお留守番も増えるだろう。
というか、ママが働きに出なければならなくなるわけで、そうなるとお留守番ばかり。
散歩や定時の食事とインスリンもやっていけるのか…

というわけで、パパの四十九日を終え、ママの実家に引っ越すことにした。

今日は借家を明け渡す日。
1週間程前、業者さんにトラック1台分、そして両親がレンタルしたトラック1台分の荷物は運び出していたので、この1週間使っていた身の回りのものだけ搬出のつもりだった。
母が軽トラックで早朝来てくれ、まずは午前中に2回ゴミ処理センターへゴミを出しに行った。
午後からは残った荷物の搬出作業。
身の回りのものだけのはずが、結局、北九州の友人の車にもめいっぱい積んでもらい、彼女も実家が湯布院なので近々実家に戻る時に持ってきてもらうことにし、あとは軽トラックに山盛り積み、なんとか家の中を空っぽにできた。
作業が終了したのは20時を過ぎていただろうか。
最後の散歩を一緒にしたい…と、ボンちゃんと桃ちゃんが待っていてくれ、福岡での最後の散歩をし、軽トラックで出発するけりん一家を見送ってくれた。


引っ越し作業中、わんちゃん仲間もたくさん挨拶に来てくれた。
時間がなかったのでゆっくりお話しすることはできなかったけれど、みなさん、ありがとうございました。


このページのトップへ